内定ブルー?

先週、内定を頂いてから早1週間ほどが経とうとしており、毎日のように酒を飲み交わしている日々です。
半年間もの間、あれだけ渇望し続けた内々定ですが、いざもらってみると意外にもあっさりしているものだということを実感いたします。
なんていうか、内定があるのとないのでは心境が全く違うものの、あったらあったで漠然とした不安、ネクストステージへ移動したような感じです。

この不安がどこから来るのかを分析してみました。
内定をもらった会社はぼくの大好きな分野でNo1の企業、圧倒的なシェアとブランドを誇る、業界一位の会社です。おそらくこの仕事がやりたくて、国内の企業に拘るならここがベストだろうという選択です。
だからすごく内定がほしかったし、やりたいことを貫くためには間違いない企業です。

でも不安なポイントがここで三つあります。

一つは専攻が違うこと。
ぼくが研究室に配属されてから院を卒業するまでの3年間、微生物に関する研究をしてきていて、今更違う分野に飛び込む勇気が必要です。
とは言っても大学で勉強したことが活かせる仕事に就く人なんてめったにいないのは分かっています。問題はぼくが学部生の頃に感じた「プログラミングって嫌いだな」という思い出にあります。プログラムを書いていて楽しいと感じたことがないし、むしろ向いていないなと思うことの方が多かったので、仕事の中にどうしてもプログラミングが必要になってくる場合、周りの人と同じように、それ以上にやっていけるのかという不安があります。
やっぱり周りは研究でも、もちろんだし、それなりに適性のある人ばかりだと思いますから。

二つ目は給料です。
この会社は初任給は24万近くと決して低くないものの、福利厚生が存在しません。一番大きいのは住宅手当がないということです。額面の給料なんてどうでもよくて、住宅手当がどれだけ出るのかということが就職の際、いざとなったら重要となってくるポイントです。住宅手当と家賃によって実質の年収にかなり差が出てくるので、お金で苦労したくないぼくにはけっこー大きな不安なところになります。

三つ目は若さです。
まだできてから10年という歴史の短い会社で、間違いなく業界をリードしてきた会社ではあるものの、向こう三年が全く見えない業界でもあります。
できれば転職を繰り返すようなことをしたくないぼくとしては、ある意味自分の人生を託すことにもなるわけですから、その辺若干不安なところもあります。若いということは、旧体制でないということで良いポイントでもあるんですけどね。ここから10年が勝負なだけにリスキーなチャレンジでもあります。

この三つから、本当に大丈夫かなという気持ちが出てくるのです。
ただ、仕事内容というか仕事の目的としては限りなくぼくの夢とマッチするので、多少条件が悪くてもやりたいことがやれたら幸せなのかなとも思っています。それに勤務地は東京のど真ん中ということで、田舎モノのぼくには勿体無いくらいで、憧れを充分に満たすことができます。
就職先を選ぶ際に完璧な企業なんて存在しないし、自分がどこを重視して優先させるかということが大事だと思います。

今のところ、他にも選択肢はあるんです。
今の会社に内定を頂いてからは、第二志望郡の会社は全て辞退したのですが、今週他の第一志望郡の会社の選考が2社控えています。
それらの会社はそれぞれの業界で優良企業として名が通っていて、歴史もあり、安定性(利益率・財務体質)、働きやすさ(離職率の低さ、手厚い福利厚生)など抜群の企業です。
ただ、問題はその企業の仕事内容にあまり興味が無い、情熱を持って仕事に取り組めるか疑問であるのと、どちらも間違いなく大分勤務になるということです。できれば東京で自分の力を試したい、でかいことがしたいと思っているぼくには退屈でつまらない仕事になる可能性が高いです。

そうなってくるとやっぱり、今の内定先を選ぶことになると思うんですよね。
だから今週の企業もほんとは辞退するべきなんですけど、辞退するより、全力でぶつかって落ちたほうが、自分の中でも納得して進んでいけるんじゃないかと思って受けてみるつもりです。他の選択肢もあったかもしれないなんて、後で思うと後悔しそうだからです。受かったら受かったで困るんですけど、その時はまた、その時になってから考えたいと思います。

そして就職活動がほんとに一区切りして片付いたら、その時はきっと腹をくくって内定ブルーな気持ちなんてなくなっていると思います。
1週間前に比べたら、めちゃくちゃ贅沢なこと言ってるんですけどね。
まあ、人間悩みは尽きないもんですよ。

6 件のコメント

  • [ブルーなの?]
    遅くなりましたが、内定おめでとう!
    選択肢があると悩みますね。安定か、やりたいことか…。しかしやりたいことを選ばなかったら後悔するでしょうね。その逆はそれほど後悔しないような気がします。プログラミングもやらされてやってるのと、やりたいことを作るためにやるのとじゃ、ぜんぜん違うと思いますよ。

  • [東京って?]
    内定おめでとうございます。一安心ですね。

    ただ、少し気になったのは「東京」と「大分」という勤務地がそんなに違うのかなということです。東京だから大きなことができるわけじゃないですよ。実力があって、なおかつ…ではないでしょうか。所詮東京も田舎者の集まりですから。
    長男の重圧を語る人なら、そしてそれを背負おうとしている人なら、地元を選ぶのかなと思いました。

    どこででも、がんばれる人になって下さい。地元を誇れる、大切にできる人であって下さい。これからも応援しています。

  • [葉子さんへ]
    ありがとうございます!
    こういう場合の選択肢って全ての条件が異なるから、本当に迷いだしたらキリがないから困りますよね。
    プログラミングはあくまでやり遂げたいことの、手段でしかないし、今まで真剣にやったことがなかったから、食わず嫌いな部分もあるのかもしれません。
    ブルーといってもマリッジブルー的な杞憂であることを願っています。

  • [はなさんへ]
    ありがとうございます!

    >東京だから大きなことができるわけじゃないですよ。
    そうですね、でも、東京でないと少なくともぼくが描いている大きなことはできないと思っています。それは場所的な問題よりも、むしろ職種的な意味合いが強いからですけど…。
    単純に場所という意味ならどっちでもいいと思う反面、ずっと九州の田舎に住んできましたから、人生の若いうちくらいは東京に住んでみたいという憧れがあるもの事実です。

    >長男の重圧を語る人なら、そしてそれを背負おうとしている人なら、地元を選ぶのかなと思いました。
    大学進学の際は確かに親にかける負担のことを考え、現役で九州という道を選びましたが、就職で地元に残ることが親のためになる、長男の役目だという考えはぼくには理解できません。就職に関しては迷惑をかけない程度に自分のやりたいことをやっていきたいと思っています。

    もちろん、地元には誇りを持っていますし、大切にしています。
    勤務地がどこであろうとがんばるつもりです。
    そもそも大分の方はまだ一次、二次面接程度なんて普通に落ちそうですけど・・・w

  • [同意]
    一つ目に。
    俺も若干専攻違うとこ。全部。
    すげー悩むよね。贅沢な悩みやけど悩むよね。
    でも悩んで出した結果のほうが、もし悪くても受け入れられるやろうし。悩みましょう。。

  • [O氏へ]
    だよねー。
    今日、先生に内定の報告したらすっげー微妙な顔されたよ(笑)当然っちゃ当然だけど。。
    うん、悩もう。
    おれの場合、まだ内定一つだけど(笑)

  • コメントを残す