円高

米国のサブプライムローン問題からドルへの信用が失われ、相対的に円の価値が高くなり、一ドル95円という信じられないような相場になってしまいました。輸出企業は大打撃なので、日経平均も下がりっぱなりですが、地味に痛いのがグーグルアドセンスの支払いです。グーグルアドセンスは基本、ドル払いですので円高が進むと支払われる日本円が減ってしまうんですよね。

円ドル相場100円台に泣くAdSenseユーザー。1円の円高で報酬が100円もダウン・・(涙)(Blog紹介しちゃいます。)

グーグルアドセンスの支払いは最低100ドル突破からで、ぼくが支払いを受けるときはだいたい200ドルくらいの換金になります。以前は一ドル117円くらいで推移していので、200ドルで23400円だったのですが、今ですと19000円と大幅に減ってしまいます。大幅といっても数千円なのですが、アドセンスって些細な報酬の積み重ねの結果なので地味に痛いです。振り込まれるタイミングでは少しでも円安の方がありがたいもんです。

「今しかない」と個人投資家が動く 円高で外貨預金急増

今の状況を逆手にとると、全資産をドルへと変換し、円安に戻ったタイミングで円に換えるとそれだけで、かなりの儲けになるということなんですね。確かに、さすがに90円を割ることなんてありえないかなーと思うので、ここらが勝負時なのかもしれません。換えるだけの資産がないですけど(笑)

コメントを残す