冷えたビール

たまたま友達に会うと

「春休みなにしてんの?」

と一応聞いたみます。社交辞令として。

「家に引きこもってゲームばっかやってる。」

と言うのを聞いて、

「あ、自分だけじゃないんだ」

って安心したりします。

ところで昨日「ドーモ」という深夜番組を見ていてアサヒビールからの新商品、緑ラベルの発泡酒「オフタイム」が紹介されていました。
出演者がスタジオで飲んでいたのですが

「うわー、飲みやすーい!これならいくらでも飲めマース」
「わー、おいしー!」
「これはイイ!」

と褒めまくってるのをみて

「嘘だろー」

と思いながらも気になったので近所のスーパーに行ってみました。
すると明日発売のはずのその発泡酒が普通に売っていたので2本買ってみました。ビールの発売日なんて曖昧だなあと思いましたが、ちょっとうれしかったです。
ドコモやドラクエのように発売日が正確に決まっているわけでもないのに引っ張りまくるよりも、発売直前に一気にアピールしてくれた方が消費者には親切だと思います。

表には苦味40%オフと書いていました。
これが飲み易いと言わしめた原因なんでしょう。

スーパーではウインナーも安く売っていたので一緒にウインナーも買いました。家でお酒を飲むときは最近、サキイカやタコわさびよりもウインナーやからあげのようなHOTなものの方が進む気がします。

さっそく飲んでみましたよ。

ぼくは見抜きました!
苦味40%オフは嘘です。

正確には41%オフだと見抜きました。

これは昨日のドーモの出演者達が言ってたのはあながち嘘ではないなと感じました。

「ビールは苦味があるから旨いんじゃないか!!」

という言う人には物足りないかもしれませんが、今までビールはちょっと苦手だったという人には間違いなくお勧めでしょう。

苦味が全くなくなったらもはやビールとは呼べないかも知れませんが、軽く苦味が残っているというところがポイントじゃないでしょうか。

飲み易くていいと思います。
やっぱ喉が渇いてるときのビールは最高ですね!

次回予告「ホビットだってビールがお好き」

コメントを残す