出社時間はOJT!

最近、会社から帰宅するとビールを一本飲むのが習慣になりつつあります。やっぱり値段は高くても発泡酒よりビールがいいです。基本だけどスーパードライのキレがたまりません。

さて、そんな社会人ライフですが今日からOJTなるものが始まり会社は10時出社でよくなりました。10時出社なのに初日に遅刻はあり得ないと思って早く出たら9時について暇でした。一時間遅く出ていいのは魅力だけど結局慣れると、それが当たり前になって朝の余裕はなくなるんだろーなー。その分、定時が7時なので帰るのも遅くなりますし…。6月末までは残業禁止で必ず定時に帰れるそうですが、それでも今日も家に帰り着いたのは8時を過ぎていました。一般社員は残業がデフォルトだから10時とか11時とかになっちゃいそうです。ふぅ。

さて、先週までは来客フロアというか研修用のフロアにずっといたのですが、今日から事業部配属ということで一段とセキュリティーが厳しくなりました。入り口には当然警備員常駐ですが、会社のビルに入ってから自分の席に座るまでに計3つのセキュリティーゲートを通過しなければいけません。トイレに行くのにも社員証がなくては戻ってこれませんし、さらに朝と夜はカードがなければエレベーターにも乗ることができません。今度見学に行く顧客情報を扱う部署はそもそも場所も公にされていないし、空港で行うような金属探知機を使ったボディーチェックもあるそうです。

とにかくセキュリティーだけはとんでもなくしっかりしている会社です。いろんな監視ソフトがインストール済みで情報を持ち出そうとしたら即座に情報セキュリティー部隊に察知されるような仕組みになっています。監視カメラだらけだし、その辺は性悪説で成り立っているのです。セキュリティー研修もうざったいくらいたくさんあります。もし万が一、個人情報などが流出するとしたらおそらくプログラムの設定ミスが原因でしょう。唯一情報セキュリティー監視室の人間が一番のセキュリティーホールかもしれません。24(TWENTY FOUR)でもだいたい犯人(スパイ)は権限を持った監視する側の人間ですよね。

それで今日からOJTの始まりなのですが、なんとなく生ぬるい感じがします。事業部によって全く違うスケジュールなのですが、6月末までは各自でプログラミング演習があり、7月からチームに配属され現場に出るので本番はそこからになりそうです。OJTっていっても最初の一ヶ月は各自でやるべきことを考えながら基本自習みたいな感じで、今日も既に放置気味だったのでそれはそれできついなーと思います。それでも自分のために勉強できる最後のチャンスだし、数百時間あるわけなので有効活用しないともったいないですが。

チームへの配属方法は逆指名ありのドラフト会議が行われるらしいですよ。倍率も含めてマッチングすれば決まりだけど、去年は希望通りは5割くらいだったそうです。どこまでいっても競争だなー。OJTリーダーの人も新卒で入社して5年くらいだそうですが、当時は研修が3日しかなく、しかも午前中だけだったので4月1日から配属されたそうです。その方が力はつくのかもしれませんが、当時に比べると今は研修制度がしっかりしてると言えそうです。

さあ、明日から頑張って勉強だぁー!

コメントを残す