初説明会&面接&バイト

この二日間いろいろありまして、まずは一昨日の話からです。
一昨日はバイトの面接に行ってきました。
バイトの面接にも受からないやつが就職なんてできるかーと思ってけっこー履歴書ちゃんと書いたんですけど、いざやってみると「で、明日からこれるの?」と面接というかただの顔合わせみたいな感じでした。
ということで、バッティングセンターのバイトを始めることになりました。
基本的に紹介でしかバイト採用してないみたいです。

次の日、つまり昨日は某製薬会社Aの説明会に参加してきました。
先日大阪で参加したK社が200人くらいいたんで、そんな規模かなと思ってたんですけど、行ってみれば参加者はたったの10人でした。
従業員は400人で、エントリーしてないと告知されない説明会だったものの、10人は予想以上に少なかったので驚きました。
説明会の参加者が少ないってことはその分ライバルも少ないってことでいいんですけどね、ただ採用枠も全部で10人くらいらしいですけど。

最初会社の説明をパワーポイントでされていたんですけど、この前参加したK社よりも分かりやすくおもしろそうな会社だという印象を受けました。
服装は自由ということでしたけど、社員も全員私服で上下にあまり隔たりがなく大会社にはないフランクな、自由で活発な会社という感じでした。
ぼくは今まで絶対大手の会社がいいと思っていましたけど、風通しがいいという意味では中小の会社でも業績さえ好調なら魅力的なのかなとも思いました。
研究内容もバイオを利用した創薬に積極的で、薬学出身者も少ないらしくて、ぼくがやりたいことができそうな感じがして、ぼくの中での志望度はけっこー上がりました。説明会って企業にとっても学生にとっても大事だなと思います。

説明会の後半はたった10人ですけど、一時間程度3班に分かれての質問タイムでした。研究内容とかの話題を振られて答えていたら、社員の方が先日の学会でのぼくの発表を見ていたことが発覚しました。なんだかんだで全国規模の学会の宣伝力ってやっぱりすげーなと実感する出来事でした。自分が志望している分野の企業の人がみている可能性が高いわけですし。

んで、その質問タイムの時に3人グループだったのですが、残りの二人がちょっと気になりました。
隣の女の人(たぶん薬学部?)はやたら自分の研究内容や志望動機を長々とアピールするんですよね。そりゃ確かに優秀だというのは伝わってきますし、自分を売り込みたいという気持ちも分かりますが、ここは別に集団面接会場でもなければ相手は入社3年目の人事でもない研究員です。長々と話されても他の人にとっては迷惑です。(参考にはなりましたけど)
もう一人の男(熊本大学?)は服装がありえなかったです。
確かに服装の指定は自由ということで私服できている人もいました。
けど、その人はスーツなんですよね。
スーツなんですけど、ノーネクタイ、色シャツ、スニーカーという異色の組み合わせです。そこまで外すならいっそのこと、私服にしてくれよと突っ込みたくなります。中途半端が一番いけないと思うのですが・・・。

帰りに「選考には関係がない」と言われてアンケートを書かされましたけど、志望動機とか書くような欄もあって履歴書ぽかったのでかなりまじめに書いておきました。帰りのエレベーターの中で熊大の女の人に「どちらの大学の方ですか?」と話しかけられて少し雑談をしていて「あ~これが噂の就職活動での出会いってやつか~」とか思いました。
熊本から日帰りで来ている人も多くて、九州って就職活動には不利だなーと思っていたんですけど、それでも福岡に住んでる分恵まれているのかもと思いました。福岡県以外の人って説明会とか一時面接とか交通費の出ない段階で福岡まで出てこないといけないだろうから、大変ですよね。

天神から急いでバスで帰り、バイト初日にはギリギリ間に合いました。
バイト時間はたったの5時間半で短いじゃんとか思っていたんですけど、大間違いでした。5時間半のうち4時間はただ立ってるだけなんですよね。
ただ立っているだけという時間があんなに長く感じるものだとは・・・。
かなり時間たったなと時計を見てみるとまだ10分しかたっていないという繰り返しでした。暇すぎるというバイトも考え物だと思いました。
同じ4000円なら5時間立ってるだけより2時間教えるだけの家庭教師の方が遥かに楽で楽しくて良いバイトだと実感しました。また家庭教師探そうかな・・・。
今日もバイトなので地道にがんばります。。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。