別れさせ屋

別れたい相手がいて、その相手を魅力的な異性に誘ってもらい、それを証拠に自分の有利な条件で別れることができる、そんなビジネスだそうです。そんなことまでしなければ別れることができないのか、と思ってしまいますが、結婚してたりすると簡単には別れることができないんですかね。

【引用始まり】 — 浮気相手を別れさせ屋を利用して、何とかしたい。
彼と彼女を別れさせ屋を利用して引き裂きたい。
彼女と彼を別れさせ屋を利用して引き裂きたい。
愛人と別れさせ屋を利用して、手を切らせたい。
今付き合っている人と円満に別れさせ屋を利用して、さよならしたい。
娘が悪い男にだまされているようなので、娘が傷つかないように別れさせ屋を利用て何とかしたい。
別れ話に応じてくれない彼氏に別れさせ屋を利用して、別れたい。
家に帰ってこない父と浮気相手を別れさせ屋を利用して、何とかしたい。
彼と奥さんが離婚する方法が思いつかない。
彼女とご主人が離婚する方法ってあるの。【引用終わり】 —

余計なお世話だって気もしますが、これをきっかけに事件も起きているようです。

「別れさせ屋」野放し、ヤフーが広告掲載中止

【引用始まり】 — 探偵業者が離婚工作などを請け負う「別れさせ行為」について、業界団体の社団法人・日本調査業協会(東京)が調べた結果、非加盟の約270業者がインターネットで依頼を募っていることがわかった。

 「別れさせ屋」と呼ばれる業者には、人を陥れる手口に批判が強く、ネット検索サービス最大手「ヤフー」は2月から、別れさせ行為に関する広告の掲載中止を決めた。

 東京地裁では、昨年4月、別れさせ屋の元工作員の桑原武被告(31)が、五十畑里恵さん(32)を離婚させた後、交際がもつれて殺害したとして、殺人罪などに問われ公判中だ。

 警視庁などによると、桑原被告は2007年6月、IT企業に勤める独身の「ハジメ」と名乗り接近。2人でホテルに入る写真を別の工作員に隠し撮りさせて夫に渡し、離婚を成功させた。桑原被告はその後も交際を続けたが、探偵社を解雇されたトラブルがもとで里恵さんに離婚工作を知られて別れ話となり、激高の末、殺害したとされる。「人をもてあそぶ商売は許せない」と里恵さんの父親は憤る。【引用終わり】 —

離婚が成立した後にも交際を続けたってのが怖いですね。
逆に復縁屋なんてのもあって成功率8割、信頼の実績パターンとか言われると、人の心もマニュアルで対応できちゃうのかなと悲しくなってしまいます。
ちなみに、女が男に復縁を持ちかけた場合の成功率は7割を超え、逆に男が女に復縁を持ちかけた場合の成功率は5割を下回るというデータがあるそうです。要は復縁できるかどうかは、女の気持ち次第ということが多いんですね。ぼくも昔、同じ人と2年で3回付き合ったことがありましたが、全部あっちからでした。

そんな別れる話とは別に、世の中にはずっと仲がよく幸せな生活を送るカップルもいます。今日は1月31日(アイ・サイ)ということで、愛妻家の日だそうです。愛妻家と言えば、ぼくも何度かお会いしたことがある通称「まささん」ですが、本日ニュースになっていました。

熟年離婚イヤ!…愛妻家増殖計画
【引用始まり】 —  31日は愛妻の日。そのココロは「1・31(アイ・サイ)」……。奥さんを大切にする若い旦那(だんな)さんが増えているようだ。あなたは「愛してる」って言えますか?

 「新婚9年目の大田です」。さいたま市の会社員大田正文さん(34)が差し出したのは、妻順子さん(33)の顔写真を印刷したプライベート用の名刺。「いつも妻を思っている」という気持ちを表したのだとか。

 現在は「超愛妻家」の正文さん。だが結婚5年目の頃には、順子さんが友達と付き合う時間が増えるなど、すれ違い気味に。「これじゃ数年で離婚かも」。焦った正文さんは家庭で仕事の話はやめ、毎日、知人の面白い話やその日の出来事など、「妻に楽しんでもらえる話題」を探した。

 「好きって関係がずっと続いた方がいい」。そんな正文さんに、順子さんも「気持ちが伝わります」とまんざらではなさそうで、週1回、夫の肩をもんで応えている。【引用終わり】 —

ぼくも、ひとりの人をずっと大切にしたいと願っていて、超愛妻家は目指すべき尊敬の対象です。
さて、今日はサヨナライツカという映画を今から観に行ってきます。
辻仁成氏原作の不倫のラブストーリーですけどね!!

コメントを残す