医療とマスコミ

【引用始まり】 —
【福島県大熊町の県立大野病院の産婦人科医師○○○○容疑者(38)が業務上過失致死と医師法(異状死体の届け出義務)違反容疑で逮捕された事件で、○○容疑者が数多くの出産に立ち会っていたものの、今回死亡した被害者のように、子宮と胎盤が癒着している状態での帝王切開手術の経験はなかったことがわかった。
 県病院局によると、加藤容疑者は、医師免許を取得して9年目の中堅医師で、2004年4月に同病院に赴任後、唯一の産婦人科医として年間200回の出産に立ち会っていた。
 しかし、「癒着胎盤」の状態で帝王切開が行われたのは03、04年度、産婦人科がある4つの県立病院で今回のケースが唯一で、加藤容疑者も経験がなかったという。
 県は昨年1月、専門医らで作る調査委員会を設置。同3月に、事故の要因を「癒着した胎盤の無理なはく離」「対応する医師の不足」「輸血対応の遅れ」などと結論づけ、遺族に謝罪していた。県は遺族と補償問題について交渉中という。
 会見した秋山時夫・県病院局長は、警察へ届け出なかったことについて、「当時、医療過誤という判断はなかった」と釈明した。 (読売新聞)
【引用終わり】 —

癒着胎盤で母体死亡となった事例(ある産婦人科医のひとりごと)

どうして医者の言葉は「伝わらない」のか?(いやしのつえ)

マスコミュニケーションの影響力というのは計り知れないものがあり、ぼくのような素人は記事を鵜呑みにしがちです。
またマスコミに対する新しい情報源としてネット、とりわけブログが取り上げられることが多くなってきました。
ネットは情報源としては賛否両論あり、誰でも発信できるため間違った情報が溢れているのも事実ですが、それは一般の報道機関でも言えることです。
重要なのは正しい情報を見定めて判断することですね。
選挙もマスコミの偏った報道はゆゆしきことですが、今議論されている憲法改正での国民投票でもマスコミによって大きな流れが作られるのだろうと考えると悲しいことです。だからホリエモンや三木谷社長のような野心家はマスコミを支配したいんでしょうね。

産婦人科の重圧については天皇制の議論と絡んで紀子さまの担当医のプレッシャーは半端じゃないだろうなと思います。無事ご出産されることを願っています。
そして今回の事例でわが子を抱くこともできずに亡くなられた方、そのご家族の方の無念さを考えると筆舌に尽くしがたく、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
またそのことを踏まえても今回の逮捕は果たして正しかったのでしょうか、疑問が残ります。

コメントを残す