卒業アルバム

大学も卒業して半年近くが経とうとしており、少し前に実家の方に卒業アルバムが届いたようです。卒業アルバムは全学科が一つのアルバムになっているので、量の割には自分の関わるページ数は少なくなっています。構成は研究室ごとになっており、自分の研究室はほんの1ページ、2ページというところです。

そんでそのアルバムが届いたときに母親から電話がかかってきました。
「卒業アルバムが届いたけど、あんたどこにも載ってないよ?」

いや、そんなはずはないんです。
研究室のページは必ずあるし、最低でも集合写真があるはずなので一箇所も写っていないということはあり得ないのです。
それでも「ほんとにどこにも載ってないって。○○学科の○○研究室でしょ?」と、研究室まで特定しているのに載っていないと言い張るのです。

そして1時間後にもう一度電話がかかってきて「もしかして、このセーター着てるのアンタなの?えーこんな顔やったかな。」とやっと見つけたようですが、息子の顔を認識していなかったようです。
てか集合写真の側にちゃんと誰が誰か分かる様に名前が記入されているんですけど、それを見ても信用できなかったのでしょうか。

後日、大学の同窓会が開かれてその時に卒業アルバムを自分でもチェックしてみたのですが、研究室のページには集合写真以外にも何箇所か、ぼくがちゃんと写っていました。1時間も探してたったの一箇所しかぼくを見つけることができなかたようです・・・。真ん中にばっちり写ってるのに。。

そんな親子の絆を確認した夏の終わりでした。

コメントを残す