卒研発表

今日は朝の9時から学校に4年の卒研発表を見に行きました。
先輩はみんな黒のスーツを着て緊張した感じでした。
午後の3時くらいまであわせて20人くらいの発表を見ました。

発表内容は基本的に教官に対して行うものなので、意味難解なものが多かったです。中には分かり易い発表もありましたけど。
全体的に実験系に対して、それっておもしろいのかなーという印象を持ってしまいました。むしろ、生命情報のデータベースを使ってプログラムをしたりしている研究室のほうがおもしろいんじゃないかという印象すら受けました。

ま、でも今の希望を通すつもりですけどね。
水面下では同じ研究室の希望者同士で腹の探り合いが日々行われています(笑)

今日の発表を見ていておもしろかったのが2人いました。
1人は研究の結果を言い終えただけで時間になってしまって、発表を打ち切られた人です。これからまとめってところで鐘がなって、「これで終わります」って終わっちゃいました。時間配分は気をつけないとダメですね。

あと1人は発表に対して、教官が突っ込んだんですけどうまく応えられなかったんです。
そしたら、その発表者の担当教官が手を挙げて反論し始めてしまいました。
担当教官が議論に参加しちゃダメですよね。
司会の人に注意されていましたけど、結局言いたいこと言って、質問した教官を黙らせてしまいました。

そんなわけで一日見ていたわけですけど、一人当たり15分だし来年もなんとかなるかなーって感じでした。
とりあえずは研究室の決定です。

コメントを残す