告白

今日学科の女の子(M・Oちゃん)から衝撃の告白をされました。
それまでは普通の会話をしていたのですが、急にまじめな顔になり

「私ね、実は高校生の時に生んだ子供がいるの。」

そりゃーもう驚きましたね。
ええ!?って感じで。
17の時に生んだ子供で、もう6歳になるらしいです。
父親とは別れて結婚もしてなく未婚の母です。

全然そんな風に見えなくて驚いたけど、がんばりやさんだし、実家暮らしだし、そのためにバイトにも励んでいたんだなーと思うと感心してしまいました。
子供を育てながら大学にも行って、すごく偉いと思います。
来年からは東京で一人暮らしでさらに大変だけど、子供のためにがんばってねという話をしていました。

という夢を見ました。
なんかリアルで衝撃的な夢だったため、起きてからもしばらく現実と混同してました。
ぼくはよく夢を見るんですけど、夜になってもまだ覚えている夢は久しぶりなので書いてみました。

今日はもう一つ夢を見たんですけど、実験中だったんです。
今まで4人も死んだという危険な薬品を使っていたのですが、実験をしてしばらくして、顔と手がしびれてきて、そのまま手が動かなくなって気持ち悪くなり倒れるという夢でした(笑)
どちらも妙にリアルで恐かったです。
夢って自分の頭の中でおきているのに、展開が読めなくて驚いたり恐かったりすることがおもしろいですね。

この夢の話をMちゃんに話したんですが、夢の話ではなく研究室のNさんが現実に恐いという話になりました。
Nさんは女の子だけどよく「はあ?」と口癖で言います。
それをみんな恐がっていると言ったら、すごく納得してくれたんですが「でもS研究室は外人さんがたくさんいて恐いから、ちょうどいいじゃん☆」と言っていました。

なにがちょうどいいのかぼくにはさっぱり理解できませんでしたw

コメントを残す