地震

こんばんは、ぼくは無事です。

金曜日は会社で仕事していましたが、激しい揺れが始まり、みんな仕事を止めてました。ぼくが働いてる高層ビルは耐震性に優れているというのであまり心配はしていませんでしたが、その分エネルギーを分散させるためにわざと揺らす構造のようで大きくゆっくり横にゆらゆらと「ミシミシ」という音と共に長い揺れが続きました。特に何かが倒れたというような衝撃はなかったのですが、建物自体が船のように揺れて音もなっているので死を覚悟したって人もいました。部分的に壁にヒビが入ったような場所もあったそうです。

大きな揺れでしたので震源地が関東なのかと思い、Yahoo!のTOPページの災害バナーを確認すると、宮城ということで驚くと共に、これは大変なことになりそうだなという予感がありました。(最も多くの社員の人はどちらかと言うと、この時点では自社サイトへのアクセス負荷の方を心配していましたが・・・。)

地震の直後、「ブーンブーンブーン」と非常警報が鳴り始め、最初一瞬、地震速報が遅れてきたのかと思ったのですが、館内放送が始まり「火事です、火事です。館内の多数の場所で火災が発生しています。全従業員は速やかに避難してください。」という内容でした。

半年に一回は避難訓練で聞いていた内容ですが、訓練でないパターンを初めて聞くことになりました。「絶対にエレベータは使わないでください。」ということでしたので、一気に非常階段に人が集まったのですが、1フロア500人くらいいる建物(50階建てくらい)の人が一度に階段を使って出ることは難しく、30分程全く列が進まない状態で階段内に閉じ込められた状態で、これがもし階段内にも煙が充満するような自体になれば、それだけで大惨事となってしまうので、これは問題ありだなと思いました。9.11とか階段で煙が原因で多くの人が亡くなってますからね。

ビルの外を出てからは、ビルの前の広場で待機していたのですが、携帯の電波も既に入りづらい状況で軽く混乱状態になってました。結局、火災警報は誤報で中に戻るのも大変な作業だったので、自席に戻ったのは2時間後という状況でした。

それから、会社では帰る人は帰っていいという感じになっていましたが、そもそも交通機関が完全に麻痺している状態だったので歩いて帰った人以外は会社に残ることになりました。その間も地震の状況が明らかになる毎に、通常とは異なるアクセス状況や広告やTOPページに載せる情報など緊急対応が相次ぎ、仕事が落ち着いたのは午前2時という状態でした。

その時点で会社に残っていたのは半分くらいになっていましたが、幸いにも地下鉄が再開し終夜運転になっていたので、一旦家に戻ることにし、ぼくがたどり着いたのは午前3時頃でした。夕食を食べる時間もなかったので、帰りにコンビニに寄ったのですが、食料はほとんどが売り切れていて、非常事態だということを感じることとなりました。

そして、昨日、今日と仕事の緊急オペレーションを実行する可能性があるということで、いつでも出社できるようにできるだけ自宅にいるようにという命令があったので、ほぼ自宅待機でした。結局、出社要請はなかったので、楽しみにしてた土日を消費しちゃったなーという感じです。

それというのも、先週、自転車を買いまして今週末は初めて、その自転車で埼玉で借りてる畑に向かう予定だったのです。買った自転車というのが、キャノンデールというメーカーのバッドボーイという車種でクロスバイクです。

まあ、実に8万円もする高級車ですが、自転車業界では安物の部類に入るみたいで好きな人は20万とか平気で乗ってるようです。5万円~10万円は初心者用の価格ゾーンです。5万円以下はママチャリだそうです。

というわけで、先週渋谷で買ってそのまま乗って帰った以来乗れてなかったので、今週は念願の畑へと思っていたのに残念でした。来週こそは・・・。

今は、原発の状況が心配ですね。
万が一、大爆発なんて起きて東日本全域外出禁止令なんてシナリオになると本当にヤバいです。知識も情報もないのでヘタなことは言えませんが、それだけに余計不安は募ります。明日からは通常出社が始まりますが、食糧不足が懸念されていて昼は自分で持ってくるようにという連絡が入っています。

23区外は計画停電も実施するらしく、会社も節電圧力がかかって夜になったら速やかに帰るようにという命令がされる確率はかなり高いと思っています。今週は今期の締め日があるので、何もなければ毎日終電まで仕事する必要がある状況ではあるのですが、そんなこと言ってられない感じになりそうです。

最後になりましたが、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

「Yahoo!基金」
現時点で5億円集まっているようです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。