大切なデータ

我が研究室のお茶の水先生は何冊か本を執筆しています。
先生の書いた本は授業で教科書となり、お世話になっているわけですが現在も代謝経路についての本を書いていて完成間近らしいです。
しかし、完成間近になってトラブルが起きてるみたいです。
先生のノートPCはWin98で古いPCです。
その中に本の完成のために欠かせない大切なデータが入っているそうなんですが・・・。

そのPCからその大切なデータを取り出す方法がないそうです。

USBやネットのLANはおろか、CDドライブ、フロッピーと外部にデータを移すための手段は全て備わっていないか故障中なのです。
USBは一応あるみたいなのですが、PCに繋いでも認識してくれいないみたいです。
これってすごいですよね。
普通データを取り出す方法なんて、ネットのメールからフロッピーにCDにフラッシュメモリ、外付けHDDといろいろあるのに全部ダメです。

先生が古いPCを使い続けているのが悪いんですけどね。
本を製本する前に、できたら原稿をくれると先生は言っていますが一体いつの話になるのか分かりません。
数年前から「年内にはできる予定」と言っているそうです。

大切なデータはバックアップ等が必要だなと思いました。
ぼくも現在卒研・卒論用の全データをフラッシュメモリにだけ入れている状態なんでどうにかしておきたいです。

そーいえば関係ないですけど、来月タイ人が日本に帰ってくるらしいです。
再び、机争奪問題が勃発する可能性がある上に事前情報に寄るとタイ人はすごくおしゃべりだそうです。
英語で一方的に2時間くらい話され、自分の写真をひたすら見せてくるそうです。
これは気をつけなければいけませんね。

PS:研究室のHPは先生からのメンバー一覧表待ちです。去年M2だった人が居るそうなんですが、院に入ってから学校に来ていないらしくてその人の在学状況が不明なんで調べている途中らしいです。長期間研究室に来ていなくても、特に問題にならないところがうちの研究室っぽいです。

コメントを残す