実験

今日は実験です。
4年生になってから初めての本格的な実験です。
今までの実験なんてフラスコで大腸菌を培養しただけで、お遊びみたいなもんです。
今回はファーメンターという大腸菌培養専用の特殊な機械を使っての実験です。

このファーメンターはなかなかすごくて、専用PCを接続されていてPHと温度、回転数を調節しながらCO2、溶存O2濃度を計測してくれたりします。
壊れてるのか知りませんけど、本来はグルコース濃度、乳酸濃度なんてのも測ってくれるみたいです。
大腸菌は今回グルコースを炭素源にして増殖しているのですが、増殖が進むと代謝物として酢酸を大量に精製します。
この酢酸により培養液のPHが下がって、そのPHによって大腸菌の培養に影響が出ることを防ぐために自動でNAOHが流し込まれてPHを7.0に保つシステムです。

大腸菌の炭素源としてグルコースが枯渇すると、大腸菌は次の炭素源としてさっきまで作っていた酢酸を使い始めます。
すると今度は酢酸がなくなるので逆にPHが上がっていくので、自動でHclが流し込まれてPHが維持されるのです。

維持されるはずなのです。

ここで大問題なのはこのHclを自動で流し込むシステムが故障中なのです。
しかし、酢酸は使われPHはどんどん上がっていきますからHclは入れないといけません。
ということで手動で入れています。

PHが7.0を超えたらHclボタンを押して、PHが下がるのを待ってボタンをまた押して止めます。
この手動は単純作業なのですが、酢酸の使われ方が激しいため三分に一度くらい手動で切り替えなければいけません。

つまりほぼ常にファーメンターの前に居て、PHを見ておかないといけないのです。
この日記を書いている時も既に何度か手動で切り替えに行きました。
隣の部屋なんですよね。

現在培養開始から14時間が経っています。
とりあえずまだまだ酢酸は減り続けています。
おそらく培養が終わるのが3時~5時くらいで、それからデータ解析と後処理をしたら6時か7時くらいで、明日使う人のためにファーメンターの片づけをしたらりしたら8時とか9時になるのかなーって感じです。

常にファーメンターを見ておかないといけないので、とりあえず時間がないんですよね。
夕飯を買いにコンビニにまで行く時間もなかったので、とりあえずその時間だけは友達に任せて急いで駐車場まで行ったんです。

そしたら、原チャのU字ロックの鍵が開かないんですよ。
がちゃがちゃ5分くらいやってたけど、どうしても開きません。
どうやら鍵が壊れたようです。
もうよりによって、なんで今日壊れるんだよって感じです。
仕方なくコンビニまで歩いて行きましたけど、明日徹夜明けでPCをバッグに入れて歩いて帰るのはあまりにも過酷な試練としか言いようがありません。

勤勉な外人も11時にはみんな帰ってしまいました。
今研究室にはぼく1人です。

寂しくなんかないとです。

寂しくなんか・・・・。

追記:とりあえずサンプリングは20時間で終わりました。片付けとか含めても朝の8時くらいには終わったんですが、最後にサンプルの吸光度を測らないといけません。けど、その測る部屋の鍵が見つからなくて誰が持っているのかわからないので、それ待ちで現在10時です。原チャが使えないで一度帰ると学校に来る気にならないので、うかつに帰れません。。

6 件のコメント

  • [いや]
    これまじですけど、さっきから誰もいないはずの隣の部屋から確実に足音がするんですよ!!
    なんなんでしょう・・。
    確認しに行ったんですけど、誰もいないんです。。

  • [あぁ・・・・]
    こんな時に限って異音がするってのは・・・・
    これはきっと・・・・
    用務員のおじさんがかくれんぼしているんですよ。
    間違いない!

    何かあったら、とりあえず寝たら恐くなくなりますよw

  • [ええ!]
    始めまして、みぶさん。
    用務員のおじさんがかくれんぼしてたらかわいくていいですけど(笑)
    とりあえず音は確実にしてるのに、だーれもいないんですよね~。
    ああ、なんだろう。。
    寝れるくらいなら、最初から残って実験してませんよ(笑)

  • [まじっすか・・]
    怖っ( ;∀;)
    しかもすごいっすね、一人で足音の秘密を探りに行くなんて・・。
    大学って夜は本当に怖いですもんね・・。
    一人では絶対いきたくないっす。

  • [足音]
    足音がしたのが、実験をしてる部屋だったんで5分に一回くらい様子を見にいかないといけなかったんです。。
    無事朝を迎えることができまして、もう大学に28時間くらいいることになってしまいます。
    夜の実験は嫌ですねー。

  • コメントを残す