実験その2

今日も実験です。
週2日間は実験です。

あいかわらず、試験管を何十本も使いながらろ過を合計で100回以上したんじゃないかというくらい、ろ過ばっかりしていました。

2時過ぎくらいに、なにやら集団が実験室に侵入してきました。
そーいえば今日は韓国のエリート高校生達が大学を見学にくるということを聞いていました。どうやらその集団が実験を見学にきたようです。

ぼくはその時ちょうど緩衝液でガゼインという基質を希釈する係でホールピペットとか持っていて教室の中で最も実験っぽいことをしていました。
そこで韓国人の集団がみるみるうちに集まってきました。
なぜか「スマイルスマイル!」と英語で言われて記念撮影とかされていました。

そして「サンキュー」とこれまた英語でお礼を言われ帰っていきました。

いったいなんだったのでしょう。

実験のほうはというと昨日の分もしないといけなかったのですがぼくががんばったので奇跡的に6つある班の中で2番か3番目くらいに早く終わりました。

それでも6時半でしたけど。

実験は終わったんですけど来週は奴の奴による奴のための諮問大会が開かれます。

ぼくたちは月曜か水曜に振り分けられることになりました。
いずれも一限

まじで遅刻したらどうしよ。
人生終わっちゃう。

とりあえずどっちでもよくって好きな方を選べたのですが、月曜のメンバーがけっこー微妙だったのと様子見ってことで水曜を選択しました。
てかレポートの提出が月曜の8時50分までなんです。
朝の。

水曜だと一回レポートが返却されて、チェックが入った状態らしいのでその分調べる時間があるかなーって感じです。
早く終わらせたかった気持ちもあったんですけどねー。

諮問は言い換えると助け合いなのでどんな質問を誰がしてどう答えるかということが事前に話し合われます。
まるで国会の質疑応答。

で、その作戦会議を水曜日班は普通に前の日の昼休みとかに行われることになったんですけど、月曜班はよく知らない女の人がしきっていました。
場所と時間が決まったようです。

土曜の午後3時にジョイフル集合。

な、なぜわざわざ休みの日にふぁ、ふぁみりーれすとらんに集合せなあかんのだ。しかもメンバーはほとんど知らない人ばかり。

水曜でよかった。

コメントを残す