小沢氏、民主党代表を辞任の意向

そこまで言って委員会を見ていたらニュース速報のテロップが流れました。

【引用始まり】 — 民主党の小沢一郎代表が党代表を辞任する意向を固めたことが4日、分かった。小沢氏は同日夕、都内の党本部で会見する。(産経新聞)【引用終わり】 —

まだ速報の段階で会見も始まっていないのでなんとも言えませんが、なぜ今なのかと言われれば自民党との連立に失敗したからでしょう。自民党と民主党の大連立の話は福田さんが打診したということになっていますが、実際は小沢さんの意向だったといわれています。国民の生活重視だとか格差解消だとか消費税反対だとか耳障りの良い対決姿勢を打ち出し参院選では勝ちましたが、衆院選では自民党の地盤の強さから善戦はしても勝つことは難しいと分かっているので政権を握るためには連立しかない、結局民主党の最大の目的は政権をとる事、小沢さんの最大の目的は権力を握る(首相になる)ことだったということです。自民党にしてもこのままでは国会運営がうまく行かず一歩も前に進めないので連立というのはある程度現実的なことだったのかもしれません。しかし他の民主党の議員にとってはだったら今までの対決姿勢はなんだったんだ、自分達の立場はどうなる、ということになり当然反対するわけです。他の議員を説得できなかったことも求心力の低下とも言えるし、大きな波紋も起こしてしまったし、政権が取れないのならこのまま代表を続けてもしょうがない、混乱を鎮めるためにも辞任に至ったのだと思います。小沢さんとしては気持ちに焦りがあり、勝負に出たものの、うまく行かずに敗退したという感じでしょうか。しかし、ここで小沢さんが辞めてしまっては民主党には大打撃だと思います。善戦するにしてもなるべく早く衆議院が解散して、小沢さんの勢いがある内に戦うことが前提だったので、民主党の結束、信頼の強さに疑問を残す結果となってしまいました。これで逆に自民党としては解散選挙し易くなったともいえるでしょう。小沢さんも安部さんのことを無責任だなんて言える立場じゃないですね。

ぼく個人としては国会運営が滞って話し合いが何一つ進まないのも非常に問題だとも思いますが、せっかく二大政党になりつつある流れの中で連立してしまうと実質野党がいなくなってしまうのでそれはそれでかなり問題だと思います。かと言って、このままでは当分の間現在のねじれ現象が解消されることはないと予想されるのでジレンマですね。
ところで今回の首相と小沢氏の会談を仲介したとされるのは、渡辺恒雄読売新聞グループ本社会長らしいです。こいつほんといろんなところに出てきますけど、本当に日本を動かすような権力を握っているのはこういう人たちなのかなーと思ったりします。

さて、少し話題は変わりますが
【引用始まり】 — 鳩山邦夫法相は3日、地元選挙区の福岡県久留米市で「日本にテロリストがいる」と発言した。鳩山法相は先月29日には、外国特派員協会での講演で「私の友人の友人にアルカイダがいる」と発言し、町村信孝官房長官に「軽率な発言」と注意されている。【引用終わり】 —

この人の「友人の友人にアルカイダがいる」発言は本当に笑ってしまいましたが、最近どうかしたのかというくらい急に発言量が増していますね。

【引用始まり】 — 鳩山邦夫法相が31日の衆院法務委員会で、田中角栄元首相の私設秘書時代、 米国防総省(ペンタゴン)から、毎月のように接待を受けていたことを明らかにした。 事実上、米国の情報収集の協力者(スパイ)だったことを認めたもので、先日の「友人の友人はアル・カイーダ」発言と合わせて、大臣としての資質が問われそうだ。衝撃発言は、民主党の河村たかし議員の質問中に飛び出した。河村氏が日本の 情報収集について質問していたところ、鳩山氏は指名もされていないのに突然、「委員長!」と手を挙げて立ち上がり、河村氏が「大臣、何ですか?」と驚いている間に、 こう語り始めたのだ。
「思い出を話させてほしい。私が田中角栄先生の私設秘書になったとき、毎月のように、 ペンタゴンがやってきて食事をごちそうしてくれた。当時、私は金がありませんから 『ウナギが良い』とか『天ぷらだ』などと言ってた。私は1円も払っていない」【引用終わり】 —

アルカイダだろうがスパイだろうがどうでもいいですけど、それを気軽に言っちゃっていいのかという感じです。今日のそこまで言って委員会を見ていても思いましたけど、政治の世界というのは本当にドロドロしていて、ダーティーな世界ですね。政治の世界というか経済界も密接に関連しているわけで、大人の世界というべきでしょうか。そういう意味じゃうちの大学教授の先生なんてのは本当に純粋な好奇心だけに人生を捧げているので立派だなーとか思ったりします。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。