就職セミナー

今日は学校で就職説明会といった感じのセミナーがありました。
ちょうど2年前も同じセミナーに出席しましたが、今回は本番です。
2ヵ月後に大阪である学会に出る予定で、それが終わると製薬系を皮切りに本格的な就職戦線が始まります。
シビアな結果が待ち受けていることが想像できますが、人生かかってるので踏ん張らないといけません。

そんな就職活動についてはいろいろ考えることがありますが、就職活動なんてのは結局通過点なんですよね。
内定もらうのがゴールじゃなくて、むしろそこからが人生のスタートとも言えます。

☆社会に出てから分かったこと☆(ニュー速クオリティー)

大手に就職した友達ですら一年目から夏休みなんて一日も取らせてもらえないそうで、社会人は明らかにしんどそうです。
ぼくの叔父の口癖が「社会人の仕事は我慢」だというように、理不尽でつまらないと思うことばかりなのでしょう。
それでも学生という自由な身分を早く抜け出したいと思うのは、給与がもらえるからに他なりません。何はともあれ自立して生きていくためには、何に対する対価だとしても安定した収入は必要不可欠です。
それがいばらの道だと知っていても進むしかないのです。

人生の3分の1は仕事をしているわけですから、それが楽しいに越したことはないんですけどね。そう思える人間は幸せだと思います。

コメントを残す