左手

今日は友達と買い物ついでにゲーセンに行ってきました。

ゲーセンでちょっと賭けをしてぼくが負けたのでジュースをおごることになりました。

負けたのは仕方ないのでスロットをしている友達をおいて自動販売機を探しに行きました。
しかし、どこを探しても自動販売機が見つかりません。

そのゲーセンは大きな施設(ジャスコとかが入っている)だったのでゲーセンの外にはちょうどコーヒーショップみたいのがあったのでそこで飲み物を買うことにしました。

「すいません、アイスコーヒーひとつください」

店員「はい、どうぞ左手でお持ちください」

とアイスコーヒーに入れるミルクとストローを渡されました。

なぜに左手・・・・?

よくわかりませんでしたが、アイスコーヒーも持たないといけないといけないからかなと思い左手を差し出し、ミルクとストローを受け取りました。

しばらくして
店員「こちらでどーぞー。」

店員は手にアイスコーヒーを持っています。

その時、ハッと気が付きました。

そうです、左手でお持ちくださいではなく・・・・

「左手でお待ちください」

だったのです。
持つ手のことじゃなくて待つ位置のことだったのです。

ちょっとはずかしかったです。
しかも渡されたコップがガラス製で、店の前のテーブルで飲まないといけないっぽかったので友達のために買ったわけで困りましたけど、アイスコーヒーの入ったガラスのコップをゲーセンまで持っていきました。
コーヒーショップ、ゲーセンの店員に声をかけられないかとびくびくしながら友達のところまで持っていったのです。
ヒヤヒヤものでした。

コメントを残す