帰ってきましたー!

帰ってきました!
大分に帰って、今日福岡に帰ってきました。
ケータイでここは覗いていたんですけど、毎日アクセス数が減って行くのが寂しかったです(笑)

実家はいいですねー。
別に何もすることはないんですけど、ご飯がおいしかったです。

最近一日一食だったのに一日三回も食べてしまいましたよ(笑)
やっぱコンビニ弁当とは比べ物になりませんね。

実家に帰って次の日、FOMAのSH900iが発売されたので朝から買いに行きました。ポイントと商品券があったものの思ったより高くて、現金で1万4千円も使ってしまいました。

あと実家がFOMAの電波が入るかどうか心配でしたけど、全然問題なく使えました。使ってみて実感したんですけど、画像が半端じゃなく綺麗ですね。
カメラも200万画素だし、デジカメ並です。

不満なところは電池の持ちが悪いというところです。
普通に一日持ちません。
半日くらいで電池マークが二つくらいになってしまいます。
これは問題ありですね。

それとFOMAはパケット料金が安いと言われていますが、これはある事実だけを過大広告しているに過ぎないと感じました。

説明しますと、MOVAの頃ぼくは毎月平均通話料金、パケット料金、どちらも6000円くらいでした。これがFOMAにしてパケットパック40というのにするとパケット料金が従来の6分の1になって1000円になるという計算になります。これは嘘ではありません。

これを考えるとFOMAの方がかなりお得になるはずなのですが、FOMAにして三日でパケット料金が1000円を超えてしまいました。
もし、これがMOVAならすでに6000千円です。

どういうことかというとFOMAはパケットの単位あたりの料金は今までに比べて格安になっているのですが、扱うパケット量が比にならないくらい増大しているのです。

例えばこの日記をケータイで見てみると、MOVAでは広告は表示されないし、途中で「1ページの表示サイズを超えたので中断します」となるものがFOMAでは制限なくすべて表示する能力があります。
つまり読み込む量が遥かに増えたのです。

これにより今までと同じことをしているにもかかわらず、パケット料金が莫大になってしまうのでドコモはパケット料金を下げざるを得なかった結果なのです。実際たったの二日で一ヶ月分のパケットを消費してしまいました。

6月からFOMAでもパケット料金の定額制が始まるので今後の様子を見て考えたいと思います。

まあ、それは置いといていくつかケータイで撮った写真をphotoに送っておいたので暇があれば見てみてください。
メールで送ったのでだいぶ圧縮されてはいますけど・・・。

んーまだ他に書きたいことがたくさんあるんですけど、長くなったんでまた今度にしまーす。

コメントを残す