干からびたチーズ

【引用始まり】 —
「干からびたチーズ」が人気-。8月6日夜に小泉純一郎首相と森喜朗前首相が首相公邸で衆院解散をめぐり激論した際、森氏が「硬くてかみ切れない干からびたチーズを出された」と酷評したチーズがその後人気を呼び、一部の食品店では品切れになっている。
 フランス産の「ミモレット」というこのチーズは、「硬くなるほど風味が増す」(食料品店)高級品。微生物を利用して熟成させ1年以上たつと硬さが増し、18カ月以上では茶色がかったオレンジ色となり、カラスミに似た深い味わいになるという。
 高島屋日本橋店(東京)では18カ月物が100グラム550円、24カ月物が880円だが、森氏の発言を受けテレビなどが報道したため、8月中旬ごろから購入者が急増。8月は通常の3倍以上が売れた。
(共同通信)
【引用終わり】 —

酷評された物が人気になるってめずらしいケースですよね。
酷評と言っても、実は高級な品でしたって水戸黄門的なエピソードがかえってウケたという感じですけど。

でも確かにこう話題になると、すごく食べてみたくなりますね。
ぼくはチーズってなにかと一緒ならともかく、チーズ単体でお酒のおつまみにとか苦手なんですけど、固いチーズはスルメみたいな感覚でおいしそうな気がします。


ミモレット 18ヶ月熟成 [Mimolette](フランス) 


なんだかこう見ると果物みたいですね。


ミモレット 24ヵ月熟成 [Mimolette](フランス)


こちらは24ヶ月ですね。
一口食べてみたいです。

コメントを残す