怒られスパイラル

てか、来週がもう3月だということを知って驚愕しました。
この一年は間違いなく今までで、一番あっと言う間の一年でした。
この一年間に数え切れないくらい怒ら・・、少しキツめの注意を毎日のように受け続けまして、注意された回数も人生で一番だったなと思います。

今日の帰り道に、ふと怒られるパターンを分析してみました。

1.分からないことがあって分からないままにしておく。
これ、社会人として一番怒られちゃうパターンですよね。
良くない、絶対。
後で「分からなかったなら、なんで聞かなかったの?」とこっぴどく怒られちゃいます。
ホウレンソウですよ!

2.分からないことがあったらすぐに聞く。
配属当初は分からないことがあったらすぐに聞けと教え込まれたものですが、実際にはすぐに聞いたら「それ、ちゃんと調べてから聞いてるの?なんで調べてないの?」と怒られてしまうのが現実です。

3.分からないことがあったら、ちゃんと調べてから聞いてみる。
分からないことがあったら、自分なりに調べてみて、それでも分からなかったら聞いてみます。すると「なんで調べるのにそんなに時間がかかるわけ?今まで何してたの?説明してみて?」と怒られます。

4.1度聞いたことをすぐ忘れてしまう。
理解力と記憶力の悪いぼくみたいな人間は、1度聞いたことも忘れてしまい「それ前に説明しなかったっけ?したよね?」とよく怒られてしまいます。1度聞いたことは覚えていて、メモもとっていたにも関わらず、やっぱり理解できてなかったすると「理解してなかったわけ?あれ?さっき読んだって言ったよね?嘘だったの?」と詰問されてしまいます。自分に非があるので、謝るしかありません。2度同じ説明を受けるのは社会人として決して許されないことなのです。

うん、まあ、書いててなんだか凹んできました。
今期も残すところ数週間となりましたが、タスク進捗度はほぼ絶望的な状況下にあります。今期ばっかりは、100%無理です。無理は無理でいいし、ボーナスが減るのは別に構わないけど、何がダメだったか反省しないといけないです。もちろん、毎日のように「なんでこうなったわけ?」と聞かれてはいるのですが・・・。基本的に計画通りやるのが苦手なのと、基礎力の不足によるビハインドが原因ですよね。10時までしか残業してはいけないという今期からのルールも大きな要因です。単純に考えて月に40時間は差が出てしまいます。

自分の能力不足は否めないとして、もう来週が3月ということはあと少しでぼくも社会人2年目になってしまうというわけです。ちょっとそれは考えられないことで、非常に危機感を感じています。こんな2年目が居てもいいわけがない!正直、まだまだ分からないことだらけで、もう一年くらい一年目をやり直したいところです。

一年目の怒られ方とはまた違い、「それでも2年目なわけ?」「そんなこと一年目でも分かるよ?」と「いまさらそんな初歩的なことも分かんないの?」「一年目からやり直したら?」と怒られるのが目に見えます。この業界、ぼくは完全な素人で入ってきましたけど、本とネットで勉強しそれなりの専門の教育を受けていれば新入社員でも驚くべきパフォーマンスを発揮する奴はゴロゴロいますから、ぼくなんてあっという間、というかデフォルトで追い抜かれていそうです。

読み返してみると、なんだかまるでひどい状況なようですが、実はそうでもなくって、先輩が入社した一年目の頃は「お前生きてる価値あんの?」とか平気で言われてたそうですから、それに比べたら楽勝ってもんです。というか、ぼくの場合は怒られて当然、注意されて然るべきですから、仕方がないのです。素直に現実を受け止めて、言われた分だけ努力していかなくてはいけないのですが、計画性と勉強の苦手なぼくはなかなか成長できていないなーと反省です。でもそうやって内省ばかりしていると、ストレスを発散していない自分というのもたまに感じたりしてよくないのかもと思ったりもします。春になったら三日間だけ何もかも忘れてずっと池で釣りとかできたら幸せなのにと思います。

なかなか難しいところですな。
とりあえず後一ヶ月は死ぬ気で頑張ります。
本当は休日出勤でもしたいのですが、この不況がそれを許してはくれないのです。
世知辛い世の中ですなー。
最近、会社辞めたらオーストラリアかニュージーランドで一年間くらい本場の自然農業の勉強をしてみたいなーと思うようになりました。今の会社で農業の儲かる仕組みを構築して、その仕組みを使って将来自分で儲かる農業をするのが当面の夢というか目標です。

決して病んでませんよ!
ちょっと疲れてるだけです!

コメントを残す