恋愛できない理由

要は、勇気がないんでしょ?(Attribute=51 )

よく「出会いがないから彼女ができない」という人がいますが、そういう人って「出会いがあっても彼女ができない」のだろうなと思います。発展パターンとして「社会人になると(出会いがない上に忙しいから)彼女ができない」というのもありますが同様です。例えどんな状況であっても、その状況を「できない」いいわけにすることは恋愛に限らず、格好悪いです。できない理由を考えるのではなく、どうすればできるのかを考える人が個人的に好きです。もちろんそれが達成したいことであるのが前提条件ですが。彼女なんて別に欲しくないというのは人それぞれなので構わないけど、男子校だから、田舎だから、工業大学だから、IT業界だから、金がないから、周りに女がいないから、とか「できない言い訳」は違うよなーと思います。

関連して、よくプレゼンの質疑応答で「それはどうしてもできないんですよねー。」みたいな返答を聞くと「ほんとにできないの?」と性格の悪いぼくは思ってしまいます。たぶん口癖なんだろうけど、営業トークの中にでも「どうしてもできない」というフレーズが出てくると、そんなわけないだろと感じます。結果的にできないことはもちろんあるだろうけど、可能性として0だと言われるのは否定したくなっちゃうのです。もっと頑張ってみろよ、と。

なんか全体的にぼくの性格の悪さの出た記事となってしまいましたね。
そんなひねくれたぼくも4月からなんと社会人になります。
当ブログも社会人編スタートです。

ということでフレッシュマンに向けた記事紹介。

当たり前すぎて会社では教えてくれないフレッシュマンの作法(reponの日記)
【引用始まり】 — 1.遅刻はしない【引用終わり】 —

ぼくも朝はすごく苦手な方ですけど、ただ絶対的に「起きることができる人」なんですよね。基本目覚まし時計なんてなくても、起きたい時間をイメージすれば、その時間ピッタリに起きることができるし、寝坊なんてほとんどしたことがありません。基本的に眠りが浅いのかもしれませんが、音に敏感で些細な音でも目が覚めるので逆にバスで寝たりするのは苦手です。大事な日で念のため、目覚まし時計をかけた日でも「ピピピ」の最初の「ピ」がなった瞬間に止めてしまいます。目覚まし時計に起こされたという感覚が嫌いなんです。ほとんどの場合は、鳴る5分前とかに目が覚めて止めてたりします。たま~に遅刻するのは、そもそも間に合わせるつもりのない時です。要は気合いの問題だと思っているので、朝起きられないという人の気持ちが全く理解できないため、そういう意味も含めて新人が遅刻しないというのは大事なのだとは思います。遅刻は反感を買います。来月から10時出社だけど、9時には出社したりしようかな。

はあ~。
残り2週間でついに社会人かー。
昔、友人とナーバスというと聞こえが悪いから繊細だと表現しようと話したことがありましたけど、繊細なぼくは若干緊張しておりますです。

2 件のコメント

  • [あれこれよりも]
    恋愛もオシゴトも、
    考えるよりまずはしちゃってみるのが吉ですよ。
    いい春になるといいですねぇ。

  • [mariaさんへ]
    ですよね!
    どんなことでもまずは飛び込んでみることが大事。
    ぼくもいい春になることを願っています。

  • コメントを残す