投資のおいしい話

今朝、母親から珍しく電話がかかってきました。
ネットで銀行の手数料の手続きをやってほしいからお盆帰ってくるのかという話でした。前に一級建築士の父親が会社の清掃部(窓を拭く仕事)に異動させられたという話を書いたことがありましたが、この度年収を120万減額されるらしく、すさまじい窓際族っぷりを発揮しているようです。やっぱり大分の景気は悪く、就職状況も厳しいようです。

それでぼくは今年で卒業しますが、弟は来年大学院に進むし、妹はまだ大学一年生です。単純に年収が120万円減るというのは非常に家計にとって打撃になるわけです。
そこで母親が変なことを言い出しました。

「2000万円の投資をしようと思ってるんよね。」

老後のお金は全くないといいつつ、いろんなとこから全部かき集めると2000万用意できるらしく、銀行を通じた投資信託の資産運用に手を出したいという話でした。

「(去年の実績によると)一年間預けると500万増えるんっちゃ。もちろん増えるかどうかはわからんのやけど。でも手数料が何十万か、かかってそれがネットを使うと半額で済むからやってほしいんよ」

って話でしたけど、よくテレビで詐欺の話が取り上げられるし、世の中おいしい話程怪しいもんだと思うので、すげー心配です。
いろんなとこから全部集めるって全財産って意味ですよ。
大きく増やさないとおもしろくねーとかいうし、母親はギャンブルしないけど株のせいで今更覚醒したのか、ギャンブラー気質で困ってます。ぼくがよくギャンブルするから分かるんですけど、勝つ気満々で興奮してる時は冷静な判断ができず、負けるイメージがないままなので大きく負けて初めて気がつくんですよね。
第一そういう資産運用なんてのは退職金がたくさん出て生活に余裕のある団塊の世代とかがやるべきもので子供が全員大学生真っ盛りで生活に余裕がないからってやるもんじゃないと思います。

そんなことより生活が苦しいなら授業料免除が通りやすくなるはずですから、授業料免除の申請をすることにしました。元々大学生が3人もいて、病気がちですが祖父祖母が健在で、母親はパートで月4万稼ぐ程度で、半額免除くらいは取れる可能性があったんです。けど、書類がいろいろあってめんどくさいという理由で申請してなかったので今回もう一度申請させることにしました。学費を考えると3人で年間150万くらいになりますからね。親になるって大変なことだと改めて実感します。最近、夫婦共働きの方が年収倍になるからいいけど、子供にとって良い環境とは言えないし、いろいろ難しいなーと考えたりします。

あ、そーいえば今日誕生日なんだけど母親から一言もそれについて触れられることがなかったなと今気がつきました・・・。

4 件のコメント

  • [おめでとう☆]
    誕生日おめでとー(*´∀`*)
    あたしも去年の誕生日、お母さんから何も言われなくて
    自分から今日誕生日なんだよって言ってちょっと寂しい思いをしたよ(笑

  • [お邪魔します]
    お邪魔します。

    >銀行を通じた投資信託の資産運用に手を出したいという話でした。

     もしよければその投資信託について色々と具体的に詳しく
    聞いてみてはいかがでしょうか。お母さんも自分で話してい
    るうちにだんだん冷静になってくるかも知れませんから。

  • [ブロガー(志望)さんへ]
    この記事の日付を見ていただけると分かると思いますが、今から一年以上前の話で結局この話はなかったことになったのです。そして昨今の株価の影響もあり、もしあの時2000万を投資していた場合、元金が半値以下になっている結果だったそうです。サブプライムおそろしいですね。そういうことなので大丈夫でしたが、危なかったです。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。