抜歯

前回、ようやく1本目の治療が終わりまして今週からは2本目の治療が始まる予定で新年一発目の歯医者に行きました。しかし、そこで言い渡されたのは今日は親不知を抜きましょうという宣告でした。いや、親不知は元々抜く予定だったのですが、じゃあ今から抜きましょうと心の準備をするまでもなく抜歯は始まったのです。

ちょうど2年前の、あの時も卒論の直前でしたが右上の親不知を抜きました。その時「左上の親不知も遅かれ早かれ同じ運命を辿るよ」と言われたのですが、あれから2年、宣言どおり左上の親不知も虫歯となり軽く痛むようになりました。右上の時は眠れないくらい痛かったので抜くしかないという感じだったのですが、今回はそこまででもないけど徐々に確実に悪くなってきているのが分かるので酷くなる前に抜いておくことにしました。

前回の抜歯の時は、脳裏に残るメリメリって音と共に1分足らずで抜けた記憶があるのですが、今回は10分以上かかりました。麻酔がかかっているので直接的な痛みはないのですが、強力な力がかかっているのが顎に伝わるので、その間ずっと変な汗をかいていました。歯にとって致命的な行為をしているなーとか意味なく気遣ってしまいます。

若い歯医者曰く根が3本もあって、てこずったらしいのですが、素人のぼくにはよく分かりません。そのセリフがなければ腕が悪いだけだと判断したことでしょう。そして歯科助手は相変わらず何の説明もなく歯の掃除を空き時間に始めます。今日は何本かの歯の歯石取りと薬らしきものを染み込ませたガーゼみたいなので全部の歯をきゅっきゅしてました。

まだ麻酔が残っていますが、痛み止めをもらったのであらかじめ飲んでおくことにします。たぶん痛まないだろうけど若干不安ですよね。今日抜歯するとは思ってなかったので歯医者に行く前にご飯食べておけばよかったと後悔してます。食べてもいいと思うんですけど、麻酔はまだかかってるし口の中に血の味がしてるし、なんとなくすぐには抵抗があります。

今まであったものが急になくなるとしばらく違和感を感じますが、右の親不知がそうだったようにそのうち元々なかったかのようにすら感じてくるのでしょう。抜いた親不知はもらって帰りました。歯ブラシで磨いて立派な親不知だったなーと一人でニヤニヤ見つめていたいと思います。

今後の不安要素が一つ取り除かれたのでよかったじゃないでしょうか。もう一つ気にかかっているのが、今まで神経の治療をしてきてほとんど銀歯になってしまった歯が熱い食べ物が触れると無性に痛みを感じることです。神経がないので感じるわけないのですが、虫歯系の痛みではなくギュッと縮むかのような痛みです。今日歯医者で聞いたら、たぶん隣の歯だと言われたのですが、隣の歯も前回治療したところなのでしばらく様子を見ることになりました。もしそれでも痛むようなら神経の治療になるとか言われましたけど、もう神経はコリゴリです。毎週通って二ヶ月もかかった上に、ほとんど削られて銀歯になっちゃいましたからね。極力神経を取るような治療はしたくないものです。

追記
熱での痛みについて
10ヶ月前に神経を抜いた歯が痛くて困ってます。 食事中に熱いものを食べるとしみる…
【引用始まり】 — 神経は枝のように伸びていて、全部繋がっているんですね。で歯の根の先に神経が歯の中に入ってくるための穴が開いていてそこから神経が歯の中に入ってきていおり、その神経を治療で抜くのですが、その抜いた先(歯の外)には神経は在るんですね。
で、治療した後詰めるゴムが熱で膨張して神経が入るための穴から外の神経を刺激し、それが「しみるような痛み」になっていると思いますよ。【引用終わり】 —
銀歯を入れたのに痛いっ
【引用始まり】 — 「神経まではいっていないけれど、わりと大きく削る事になった。神経はできるだけ残した方が良いからそのまま被せるけれど、金属は熱伝導率が高いので、冷たいもの・熱いものがしみるかもしれない。あまりひどいようだったら、再度考えましょう」
と説明を受けました。【引用終わり】 —

銀歯は熱が伝わりやすいのでそれが違う場所の神経に伝わっているということなのでしょうか。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。