携帯電話が!!

壊れました!
いや、正確には壊れていました!

朝起きてしばらくしてケータイのメールでもチェックするかと、携帯の画面を見てみると液晶がなんか変です!
ぐにゃぐにゃなってます!!
割れてるんです。
いや、割れてないけど内部が割れてるっぽいんです。
とりあえず電源を入れても落としても、割れてる画面しか見えないんでどうしよもありません。

一体なぜと思いましたけど、もしかしたら寝てる間に足で踏んづけて割ってしまったのかもしれません。
だってベッドに寝たはずなのに起きたらソファーの上だったし。
さらに携帯はベッドとソファーを結ぶ線上に置いてあったし。
否、ベッドとソファーを結ぶ戦場だったのだ。
第一線の戦場で、我が携帯は戦死したのだ!!

ということで、ドコモショップに行ってきました。
液晶破損ということで、修理に出すことになりました。
液晶破損だけなら5000円で修理になるけど、もし内部まで壊れているということになれば20000円かかるということでした。
いくら愛着のある携帯だとは言え、1年6ヶ月も使った携帯に2万円は出せません。
その場合は機種変更しようと思います。

けど、携帯ってなんであんなに高いんですかねえ。
最新機種を見たら機種変更でも3万以上は軽くするじゃないですか。
ぶっちゃけぼくが使ってる機種と性能なんてほぼ同じじゃないですか。
だから「900iシリーズってもうないんですか?」と聞いてみたけど、「900iはもうありませんねー。」という返答でした。
ちょっと前の機種だというだけで市場から抹殺してしまうという手法には甚だ疑問です。

そのくせ修理の間の代替機種としてもらったのは「N900i」ですよ。
なんで売ってもない古い機種を代替として渡すのでしょうか。
あるのかないのかはっきりしてほしいですね。
売らないなら今の最新機種を代替機として貸して体験させろーとか思いました。

そんなわけで、2~3週間後に修理から返ってきます。
2万かかるようならもっと早く連絡がきて、機種変更となります。
幸いなことに電話帳データは無事なので、そこだけは一安心です。
ちゃんとSDカードにバックアップしておこうと思いました。
けど、水没とかだったらどうしようもないんですけどね。

代替機のくせに壊したら1万8千円賠償らしいので気をつけたいです。

コメントを残す