散髪

昨日は三年生お疲れ飲み会がありました。
と言ってもほとんど飲まずに大宰府まで遊びに行ったりしてて、家に帰ったのは朝の11時過ぎでした。

家に帰る前にいつも行っている美容院に髪を切りに行きました。
帰って寝ると間違いなく夜なので、眠いけど先に行っておこうと思ったのです。髪を切ると言っても量を減らしただけなんですけどね。
長さを変えないでも量を減らすだけでもだいぶ違いますよね。

そんなわけで眠たい中、髪を切ってもらっていたんですけど社長出勤で実質仕切っているおばちゃんがやってきました。
おばちゃんはしばらく、何か読んでいましたが突然店長に話かけました。

「ねー店長、前にはがき書いたとき何使ったと?インターネットのやつやないよね?マイコンピュータ?」

言いたいことはわかりますよ。
おそらくはがきの宛名とかをPCで書きたいんでしょう。
インターネットのやつというのはIEのことで、書くためのソフトはたぶんワードとかかな。

店長「あ、パワーポインタでしたよ。」

パ、パワーポインタ・・。
パワーポインタではがきを作るという発想はぼくにはありませんでしたから、ちょっと予想外でした。
普通はプレゼン用のソフトですよね。
でもそーゆー使い方もできそうだし、使う人もいるだろうからまあいいかという感じでした。

「ああ、パワーポインタね。」

おばちゃんはそのまま作業に入り始めました。
今までもずっと思っていましたけど、このおばちゃんは美容師ではないんだと思います。
おばあちゃんのお客さんとかのカラーとかはしてますけど、主には雑用をこなしています。
でも店を仕切っているのは完全にこの人なんですよね。
おばちゃんの旦那さんも店員だし、でも店長は別の人だし。。
不思議です。

そんなこんなで髪も切り終わり、レジのところまで歩いていきました。
するとそのおばちゃんが話しかけてきました。

「ねーねー、ちょっといい?」

このおばちゃんは一回スロット打ってるときに隣に座ってきたこともあって、意外と話かけてきます。
その時たまたまジャグラーで3箱出したんで師匠とか呼ばれたりしています。

「ここに文字を入れたいんだけど、どーしたらいいと?」

使ったことがある人は分かると思いますけど、パワーポインタでまず文字を打つためには「ここをクリック」と書かれた部分をクリックして選択して文字を打ちます。
だから、「ここをクリック」と大きく書かれた部分を押して「これで書けますよ?」と教えてあげました。
おばちゃんは納得したようで次の質問を投げかけてきます。

「ここ、文字を大きくするためには数字を大きくすればいいと?例えば32にしたら大きくなると?」

もう、なんか。
眠いけど、すごく愛想よく笑顔で

「ああ、そうですよ」

とだけ答えておきました。
おばちゃんは40代後半だと思われますけど、この世代の人達ってみんなこんな感じなのかなーと思うと疲れてしまいました。
けっこーディスプレイはいい感じのPCだったのに宝の持ち腐れです。

ところで帰るときに今まで地味に貯めてきた会員のポイントがいっぱいになったというのでシャンプーをもらいました。
なんと2500円のシャンプーらしいです。
ぼくが買うシャンプーはいつも500円以下なので2500円のシャンプーってどんな感じだろうと何気に楽しみです。

追記:パワーポインタじゃなくてパワーポイントらしいです。間違えてました。

2 件のコメント

  • [あ、]
    ぼくもうすうすそうじゃないかと思ってました^^;
    この記事を書く前に検索してみたらパワーポイントのほうが多かったんでそっちの方が正しいのかと思ったんですよね。おばちゃんたちは「パワーポイント」って言ってたんで気になって調べてみたんです。
    やっぱり間違えてたんですね。
    ご指摘ありがとうございます。
    次からは気をつけます。

  • コメントを残す