日経平均と公務員と父

【引用始まり】 — 17日の株式市場は、急激な円高で企業業績が悪化するとの懸念から全面安の展開になり、日経平均株価の下げ幅は874円強と、ITバブルが崩壊した00年4月17日(1426円04銭安)以来の大きさになった。
 日経平均株価の終値は前日終値比874円81銭安の1万5273円68銭と3日連続で年初来安値を更新し、昨年8月以来1年ぶりの低水準に落ち込んだ。TOPIX(東証株価指数)は同87.07ポイント安の1480.39。東証1部の出来高は29億4200万株だった。
 午後の取引開始後に円相場が1ドル=112円台前半まで急伸すると、売りの勢いは一気に加速。企業の想定レートを超える円高で企業業績が悪化するとの懸念から、自動車や電機など輸出関連の大型株をはじめ幅広い銘柄に売り注文が続出した。最大の担い手である外国人投資家の売りも膨らみ、「パニック的な売り」(大手証券)の様相となった。
 アジア市場でも、信用収縮懸念や急激な円高による資金流出の不安感も広がり、株価は軒並み急落、市場関係者からは「世界大暴落だ」(大手証券)との声も上がった。【引用終わり】 —

この一週間、特に昨日は日経平均大暴落でした。
一ヶ月で1500円も下がっていたのですが、昨日だけで874円です。
ぼくの親は株をやっているので昨日は大騒ぎでした。
でも株をやるからには当然こういう事態も想定しておくべきで、短期的な出来事に一喜一憂するべきではないと思います。
それにしても円安すぎるのも問題だったけど、一気に円高が進むと輸出企業にとっても打撃となるし、程度が難しいですね。
そもそもこの株価の暴落はアメリカのサブプライム住宅ローン問題から起きたわけですけど、日本のバブルにしても中国の住宅問題にしても、上がり続けることを前提とした投資はいつか必ずはじけるもんです。今回はきっと世界経済の安定成長への楽観と世界各国の対策発表によって鋭角的に株価は反発するものだと思いますけど、中国のオリンピック後は大きな節目になるのではと思います。

ところで昨日は市役所に勤める友人と飲みに行きました。
公務員は安月給で実質労働時間を増やすために昼休みの時間を削減するなど風当たりが強くなってきているそうですが、それでもやはり甘いところはたくさんあるみたいです。
たとえば、職場の30歳男性新婚一年が女子高生のスカートをめくって捕まったそうなのですが、停職6ヶ月で職場復帰するそうです。昇給は年功序列で必ず毎年昇給するし、先日の参院選挙では一日手伝って3万5千円もらったそうです。ちなみに同じ仕事をしたバイト生は日給一万円だったらしいです。「おれらは市役所の人たちの日給2万円と違って1万円しかもらえないんっすよー。」的なことを言われてなにも言えなかったそうです。
それでも仕事は辛いことたくさんあるし、将来の待遇はどうなるかは怪しいもんだということでしたけどね。
株式投資も公務員への就職も、将来必ず上がると信じていたとしても実際どうなるかは分かんないものです。そのときになって話が違うと言っても仕方がありません。

あともう一つ、また関係ない話を。
父の話ですが、父はけっこー短気というか昔ながらの頑固親父なところがあります。実家に帰るたびに母親から愚痴を聞かされるのですが、昨日もそうでした。
まずうちの近所の犬がよく夜中に吼えるそうなのですが、父はそれに対してキレて窓をガッと開けて「うるせー馬鹿犬が!!」と怒鳴りつけるそうです。犬に何を言っても無駄だと思うのですが、そこらへんを我慢できない不器用な人間なのです。田舎は近所付き合いがうまくいかなくても容易に引越しできないことも問題ですね。
次に母が安上がりだからと父を回転寿司に連れて行ったそうなのですが(回転寿司だとあまり食べれないから安いという理由らしいです)、そこで自分らの前の家族の子供が寿司に手を伸ばして触っていたそうなんですね。それを見た父は激怒。
「触るなーこらー!!」と子供に向かって怒鳴ったそうです。
いや、これは間違っていません。
本来親が注意すべきところですが、それを親がしないのであれば他人が注意したとしても非はありません。
もう一つ、母がファミレスのカキ氷を食べたいからと父をファミレスに誘ったそうです。そこで近くに座っていたおばさんがずっと携帯で話をしていたのですが、それを見た父が激怒。
「話すなら外で話せ!!!」と怒鳴ったそうです。
いや、これも間違っていません。
マナーの悪いおばちゃんが悪いのです。
しかし、まあ母にとってはあんまりすぐ怒鳴られても自分の居心地が悪いので困ってるという話でしたが、回転寿司やファミレスなど安いところでそこにいる人間のレベルの低さに一々キレていたらきりがないという部分もあると思います。マナーの良いところで食事をしたいなら、それなりの値段のするところで食べたらいいのです。が、どちらも母が食べたいという理由で行ったところなので、それを考えると父もかわいそうかなとも思います。母があそこのカキ氷が食べたいといって、連れて行く父もなかなかかわいいじゃありませんか。
思ったより長くなってしまいましたが、そんな我が家の父でした。

2 件のコメント

  • コメントを残す