最終前夜

ついに明日は最終面接です。
初の最終面接ですけど、最後の最終面接にするつもりです。
他にもいくつか選考残ってる会社ありますけど、明日の会社が一番自分がやりたい仕事のできる会社です。

それだけに妙な緊張感を感じています。
自信はあります。
ぼくの最も得意とする分野だし、ぼくを落とすようなら一体誰を採るんだってくらい適性はあると思ってます。
それでもやっぱりかなり不安です。

ここ数日ずっとフワフワしていたので、今日はブログ友達と軽く飲みに行きました。この人は、明日受ける会社の元内定者で今も同じ業界で働く、情報通の業界人です。やっぱり学生と業界に通じている社会人とではいろいろと見ている視点が違います。加えて鋭い洞察力と広い人脈を持っているので、将来この人が独立することになったらついていこうと思っていますw
まあ、そのためにもぼくは明日の会社に入らなければいけないのです。

もし落ちたら、田舎の焼酎会社が最有力候補になってしまいます。
ぼくはもっとエキサイティングで夢のある人生を送りたいんです。
世の中の価値観を変えるような仕事がしたいんです。

明日はただの通過点に過ぎません。
強気で無難に攻めていきたい。
けど、掲示板とかで最終でかなり落とされるみたいな話をチラッと見るだけで、ミルミル弱きになってしまう、ダメなぼくです。
何割落とされようが関係ないんです。
自分がベストパフォーマンスを出すことができれば落ちることなんてありえない。悪いから落とされるんじゃなくて、良いから採られる、そんな心構えで行くしかないんです。

ああ、でも不安。
そんな最終面接前夜です。

コメントを残す