朝まで生野菜

今日はお昼からパソナの農業ビジネススクールのパネルディスカッションに参加してきました。今日のパネルディスカッションのメンバーは、半分は知り合いの社長(株式会社NOPPO株式会社マイファーム)だったので楽しみにしていたし、実際とても面白かったです。社長と言ってもぼくと同い年や一個上の方たちなので、親しみやすいし、やっぱり若くして起業して社長になる人は内側のパッションが違うなー、ほんとよく喋るわと改めて思いました。ワンピース風に言うと、覇気があるんですよ。

今日、初めて会った社長もいたんですが、元グーグル社員でとれいすというIT×農業を目指している会社をやっていて、ぼくとやりたいことが非常に近いので時間がなかったようですぐに去っていきましたが、しっかり名刺交換はしておきました。こういう場の出会いは今後の人生にとても大事になってきます、と思っています。

その社長も28歳だったし、ぼくはもう26歳だし一体何をやっているんだろうと焦ったりもしますが、ぼくはこのビジネススクールの受講者の中で最年少なんじゃない?と今日他の方に言われて、40代50代の人からいろんな人生のアドバイスをもらうと、若いんだからなんでもできるよと逆に勇気をもらったりもします。
人間誰しも年を取り続けるわけですから、自分が年をとったという実感しか沸かないものですが、ふと数十年先の年代の人の視点から見ると自分の若さに気づき、20代だし独身だし多少のリスクは問題ないのかもしれないと思いました。けど、若くても若いなりにリスクを怖がったりもするんですけどねー、そんな人間は社長にはきっと向いていないのでしょう。

ビジネススクールの後は、農家のこせがれネットワークが主催する六本木農園のイベント「朝まで生野菜」に参加してきました。六本木の真ん中で、いろんな農家さんと農業や食に興味のある人達が、採れたての野菜を使った料理を食べながら朝まで交流をするという素敵な(?)イベントです。

こせがれネットワークは、理事に名を連ねるスタッフはほぼ全員知り合いだし、ボランティアスタッフも顔見知りが多いし、そういう状態になると内輪かもしれませんが、イベントに参加するのもホーム感があって楽しいものです。ぼくも一応、システム構築メンバーに名前が入っているのでもっとアウトプットしたいんですけどね。

そこで今回のイベントの主役農家の1人である巨摩ファームのトウモロコシを買って食べたんですけど、超美味しいんです。これがね、生で美味しいんです。家に帰って食べて思わずネットで10本注文しました。今週末にやる、若手社会人交流会でぜひこの感動を共有したいと思って持っていくことにしました。無農薬糖度20度のトウモロコシです。今日大量に買ってもよかったんですけど、トウモロコシって出荷した状態でも生きていて糖分を消費し続けちゃうんですよね。だから採れたて3日以内が一番美味しいので土曜日にちょうど間に合うように大量に注文したのです。

ちょうど今週末の交流会は、幹事の1人としてぼくがプレゼン担当で農業についてプレゼンだったので、ぼくの知ってる一般的には知られていない面白い会社や、美味しい食材を紹介したいと思います。その中で1人でも農業に興味を持つ人が現れたらいいですね、なんて言ってみたり。

あと、おもしろかったのは農業に興味を持っている人の中には意外とネット業界の人が多いんですよね。今日も元楽天社員でアジャイルメディアネットワークという(とか言うと個人を特定できてしまいそうな情報なので問題あったら削除しますが、)αブロガーを集めている会社に勤めている人に会って面白かったです。αブロガーになるためには最低月間5万PVは必要で、ブログの内容は日記とかではなくて社会に影響を与えるようなブログを書いている人で、審査が厳しいので1クォーターに3,4人しか認定しないそうですよ。
5万PVくらいだったら全然問題ないですけど、専門的な内容のブログであるというのはちょっとこのブログでは厳しいなと思いました。ぼくがやるなら一般人の日記ブログでセンス在るβブロガーを集めてみたいですね。

コメントを残す