植物状態

植物人間状態って一体何なんでしょう。
植物状態の19年間 感覚も記憶もあった
【引用始まり】 —
19年間植物状態に陥っていたポーランドのヨウ・グラフスキンさんは、2007年4月12日、奇跡的に目覚めた。

中略

 ヨウ・グラフスキンさんは、自分が植物状態に陥っていた間の様子について、次のように語った。「動くことが出来なかったとき、私の身の回りで発生したことは全部分かっていました。ただ体を動かすことができず、話すこともできなかったので、毎日寝たきりで、気持ちがとても焦っていました。私を献身的に介護している妻の姿を見て、学校から帰ってきた子供たちが私の周りでうろうろしている様子を見て、隣の部屋で子供達が結婚式をあげた時の嬉しい笑い声を聞いて、孫達の可愛い顔を見て、私はとても焦っていました。言いたい事が何も表現できなかったからです。今、私は少しずつ昔のことを思い出しています」。【引用終わり】 —

植物人間状態で、いわゆる脳死状態なのに意識はずっとあったと証言しているんですよね。これって考えてみたらものすごいことです。身の回りで起きていることを全て認識していながら、周りは自分のことを体だけが生きた状態だと思っているわけです。精神的にも非常に辛いし、家族や医療関係者が縁起でもないような言葉を側で発したとしたらそれも全部聞こえてるわけですからね。植物人間の場合、安楽死を選択するケースも多いわけですから、脳死は死なのかという倫理問題も含めて再び大きな問題になりそうです。植物人間状態にまでなっても生きていたくないと思う人が多かったと思いますが、自分ではしっかり意識があるが全く動けない状態だとすれば、それはまた意味合いが変わってくる気がします。

これが本当だとすれば、植物人間状態でも語りかけたら反応することがあるだとか、手を握って涙を流したら意識が戻っただとか、漫画の中の世界の出来事だと思っていたことがリアリティーを増しますね。まさに奇跡的だと言えますが、19年間もずっと献身的に見守ってきた妻には感動を覚えます。
植物人間とは一体何なんでしょう。同じ植物人間でも意識がある場合や、完全に脳が死んでいる場合、ふとしたきっかけで元に戻る場合といろいろなケースが存在するのでしょうか。不思議な出来事です。

追記
脳死と植物人間は違う状態を指すようです。
脳死と植物状態について
脳死問題
植物状態は自力で呼吸ができ、回復する可能性もある状態なんですね。

コメントを残す