次の仕事はなにするの?

って非常に聞かれるので、ここで答えておきましょう。
次の職種としては、正式名称ウェブクリエイターです。

なんじゃそれは。
簡単に言うと、面白いサービスや機能、新しいビジネスを考えて、それを自分の手でプログラミングして創って、その結果で世の中を変えていく、とカッコよく言うとそんなイメージの仕事です。つまりはエンジニアなんだけど、企画もお仕事ですよ、というぼくがやりたかった理想的なクリエイターのお仕事です。

内定時には「企画も開発もできるマルチプレイヤーとしての活躍を期待しています。」という責任者からの伝言を受けました。うん、そういう人になりたいと思っているので望むところです。

既存サービスも魅力的だし、社風が自由だし、会社の勢いも破竹の勢いで成長しまくってる(5年で売り上げ10倍)ところで、かなり良い選択ができたと現時点では思っています。まぁ、入社してみればこんなはずじゃなかった、イメージと違ったなんてことがあるのは、社会人歴もありますから当然分かっています。

けど、なんだろう。
今まで本気で叶えたいと思ってきたことは叶えてきたし、インスピレーションで選んだ結果は正しかったと思えることばかりなので、きっと今回も大丈夫だという根拠のない自信があります。

まぁ、そんなわけで本日無事書面でも内定通知をいただき、次の一大イベント、上司への報告をしてきました。なんかもう、ぼくあんまり緊張しないタイプなんですけど、最終面接とかより遥かに緊張しました。

今日は、今期のフィードバック面談があり、その場で伝えました。
まさか、上司もその場でそんなこと言われるなんて思ってもみなかったでしょうね。

「来期は新しい大きな仕事もあるし、頑張ろうな!」

みたいな締め方をされた後に切り出しました。
残酷なタイミングではありますが、今言わないでいつ言うみたいなタイミングでもあります。

「すいません!その件についてですが、謝らないといけません!」

上司は「え?え?なに?」

って感じでした。
明らかに動揺しています。

「その仕事、お受けすることができません。」

「え?」(苦笑い)

「あの・・・・来期で・・・・」

なんか言葉が出てきませんでした。
辞めるという言葉はそれだけ重いものでした。

「あの・・・会社を辞めたいと考えています・・・。」

ちょっと声が震えました。
こんなにも言いづらいことってないですね。

上司も明らかに狼狽して、いろいろ聞かれましたが途中から

「そっかー、そっかー。」

しか言わなくなりました。

今日、実はぼくのOJT担当だった上司お気に入りの超できる先輩の送別会があったのですが、上司にとっては立て続けに部下が辞めていくという、やっぱりショッキングな出来事なんだなと思いました。
っつーか、そのでっかい仕事というのも実はその先輩が抜ける穴埋めだったりします。

「ご迷惑をおかけすることになってしまい、本当に申し訳ありません。」

と何度も謝りました。
しかし、ぼくにとってはここはあくまでも通過儀礼です。
次のステップへ飛躍するための必ず通らないといけない道です。

なんとか納得いただけたかなと思います。
納得というか、事実を伝えるだけですけどね。
辞めることにした、という報告です。

しかし、これはけっこー辛い作業でした。
あとは、もう引けないので内定取り消されないことを願うだけです。
入社時期は現在交渉中ですが、絶対に入社することだけは念を押して確認しておきました。

直属の上司とは面談したわけですが、次は部長面談が待ってるんですよね。別に引き止められはしないと思いますが、あとひと踏ん張りです。その面談で、ここが改善されれば残留するとか伝えると、意外とあっさりお金に関することでも提示されたりするらしいです。今回は、ぼくの辞める意志は固いのでもう決めたことだと伝えるだけですが。

さて、明日からも頑張るぞー。

2 件のコメント

  • コメントを残す