片付いた部屋を維持するために必要なたった1つのルール

誰しも自分が生活している部屋は綺麗な方がいいし、部屋は自分の心を写す鏡とも言いますし、部屋が片付いてると精神的にもゆとりができます。でも生活していると、いつのまにか散らかってしまい、掃除するのもめんどくさくなってしまいます。でも、ぼくは知っています、綺麗な部屋を維持する方法を。有名な方法です。これやれば間違いないんです。それは

机と床の上に物を置かない。

ほんと、これに尽きると思います。
このルールさえ守ることができれば、いつも綺麗な状態が維持されるはずです。物を置かないって言っても、もちろん放置しないって意味で食事するときとかは置いても構いません。問題は、その直後ですよね。言い換えれば「散らかる前に片付ける」になるんでしょうか。

ものすごく当たり前の真理です。
でも、ぼくの部屋はいま、散らかっています。
なぜ散らかっているかというと、机と床の上にたくさん物があるからです。
分かっていてもなかなかできないんですよねー。これはどうしたものかと思うのですが、1つの解決策として、散らかりそうなものは全部まとめるってのもありますよね。なんかAmazonとかに収納用のオシャレなダンボールとか売ってるので、全部これに詰めて整理するという。

こういう箱、ぼくもたくさん使ってるんですが、これのいいところは例えばトイレの中にトイレットペーパーとか消臭剤とか細々したものがあるわけですが、全部これに入れて並べとくだけで、そのまま出しとくより部屋のオシャレ度が増すってところですね。ぼくはクローゼットの中も、整理用の箱があるし、トイレにも脱衣所にもキッチンにもあります。見せる収納という言葉もありますが、普通に見せない収納、箱だけ見せる収納です。

クローゼットの中はIKEAで買ったこういう箱使ってます。これもダンボールです。

あとは、捨てることなんでしょうね。
ぼくは捨てるのも苦手です、特に服と靴。どれも思い入れがあるし、それなりのお金出して買ってるのでなかなか踏ん切りがつきません。だから最近は、ヤフオクに出してます。捨て値だとしても、捨てるよりは精神的に楽です。案外高く売れたりすることも多々ありますしね。

こんなこと書いてる暇があれば、早く片付けたいのですが・・・。

■参考リンク
片付けられない女が、掃除を習慣づける7つの方法
たった3日で「片付く部屋」にするコツ

コメントを残す