特許と不労収入

先日、会社に対して特許に関する一切の権利を譲渡するという旨の契約書にサインをしたわけなんですが、社内規定をよくよく調べてみるとどうやら、その特許により得られた営業利益の一部がキックバックされるような仕組みになっているようだということを発見しました。

これはつまり、数年後に憧れの不労収入生活が現実になるかもしれません。パーセンテージは非常に低いものの、会社の規模とサービスの可能性を考えると億単位の利益が発生する見込みが十分にあります。

普通、特許を取ってライセンス料を狙うにしても、その特許を使って商売をする人や企業が現れなければ無意味ですが、今回の場合実現に向けてある程度既に進み始めて、その前提で特許を取るわけですから社内特許ビジネスおいしいZE!って感じがしました。

優秀なビジネスモデルを考えて会社の利益に繋がったところで、昇給するわけでもなくボーナスが出るわけでもなく、結局あんまり意味ないよなとか思ってましたけど、特許という一面から考えると予め会社が今後取りそうな特許に関して抑えておくとか、特許を取ってからビジネスモデルを提案するとか、特許の取れそうなビジネスモデルを中心に提案するとか、新しい趣旨で臨めそうな気がしてきました。

大学時代の友人が、会うたびに特許特許と言っていたのを思い出したけど今回のパターンは会社の金で特許を取得し(手続きも勝手にしてくれ)て、その特許を元に会社が商売することがほぼ確定していてライセンス料まで頂けるのであれば何とも素敵な話ですね。

不労収入と言えば、このブログに載せている広告なんてのもそうなんですけど今のレベルじゃせいぜい月に一万円くらいが限界ですからね。新たな収入源の確保、ちょっとだけ期待していたいと思います。

企業と従業員の特許の関係というと、青色発光ダイオードの話が記憶に新しく有名ですけど、あれが社会に与えた影響は大きくてうちの社内規定もあの時期くらいに改定されているような雰囲気がありました。全然関係ないと思っていた、あの出来事も自分の将来に関わるかもしれない大きな事件だったのだなーと思うと人生何が起こるかわからないなと思います。

ま、そうそう理想通りに事が運んでくれる程、世の中甘くないと思いますけどね。

1 個のコメント

  • [鮮魚店店長さんへ]
    福利厚生に変わるほどってのは難しいでしょうけど、うまく使えれば福利厚生より格段に強力なツールになりますよね!

  • コメントを残す