王貞治

【引用始まり】 —
プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督(66)が17日に受けた胃の全摘手術について、主治医の北島政樹・慶応義塾大医学部教授らは18日、東京都新宿区の慶大信濃町メディアセンターで記者会見、医師団は王監督が早期胃がんだったことを明らかにし、「手術は成功した。(退院は)10日ほどで可能だろう」と説明した。
【引用終わり】 —
胃に腫瘍って聞いたときに、まさか癌なんじゃないのって思ってましたけど、やっぱり胃がんだったんですねー。
そりゃ胃がんって言われたらショックだし、ニュースでさらに大きく扱われますよね。それにしても胃の全摘出って・・・。
最近の医療は進んでいて、腹の傷は最大で4センチで胃を全部摘出したらしいですよ。
胃を全部摘出しても、小腸が胃の代わりの役割を果たして問題ないんだとか。人間の体ってすごいですね。

長島監督は脳梗塞、王監督は胃癌と、日本を代表する二人が日本を代表する死亡率の高い病気に侵され、克服するというのも何かの因縁でしょうか。
脳梗塞と胃癌どっちがいいかと言われたら・・・・・どっちも嫌ですね。
長生きするとなる可能性高いと考えると、無駄に悩んでしまいます。

コメントを残す