研究室に行ってきました。

今日から研究生です。
初めての出勤が金曜ってどうなのって感じですが、午後から行ってきました。
1時半という非常にフランクな時間帯でしたが、若干一名が来ないので電話したら「今起きた」ということでした。時間にルーズな子は困りますね。

でもセンセイが企業の人っぽい人と話していたので、少し時間ができてその人も間に合うことができました。
起きてから10分後に研究室の前に辿りつくことができるのはすごいと思いました。

そんなわけで初めての研究室だったんですが、今日は部屋きめをしただけでした。後は来週からゼミで使う資料というか、英語の論文のコピーをもらっただけです。

その部屋決めですが、うちの研究室は学生の部屋が3部屋もあるんですよね。
んで、4年生を平等に分けるということで2:2:1で分かれるんです。
でもまだ机が空いてなくって今日のところは3:1:1で分けることになりました。
みんな3人の部屋を希望したもんで、その場でジャンケンになりました。
ぼくは無事ジャンケンに勝って3人の部屋になったんですが、同じ研究室の唯一の女の子Nさんは隣の1人の部屋に決まりました。

Nさん、すっごい凹んでいました。
なんで凹んでいたかというと、隣の部屋メンバーが全員外人なのです。
全員日本語をしゃべれない外人なのです。

うちの研究室はドクターは全員外人でマスターも半分外人で、全体の比率も1:1という国際色豊かな研究室なのでこんなことになってしまうのです。
いやー、Nさんどんまいです。

ぼくはきちんと決まったんですが、ちょっと不満なのが自分用のPCというものがないんですよね。
他の研究室だったりしたら、けっこー1人1台性能のいいPCが付いていたりするのにぼくの部屋には共用のPCが一台しかありません。
研究室のPCで日記書いたり、メッセしたりしたかったのにそこは残念です。
しかも、部屋めちゃめちゃきたなかったです。
その部屋で実験とかするんだから仕方ないかもしれないですけど・・・。
情報系の研究室の綺麗さとPCがうらやましく感じてしまいます。。

今日は部屋を決めてすぐ帰ることができたんですが、帰りにサークルの勧誘をやっているというのでちょっと寄ってみました。
ちょっと手伝ったんですが、ぼくの努力のおかげ(?)で10人くらい入った感じです。
まあこれから来なくなる人も多いだろうから実際最終的に何人になるのか知りませんけど、最初としては上出来なんじゃないでしょうか。
女の子も入ったみたいですけど、可愛くなかったので興味でませんでした(笑)いや、そんなこと言っちゃいけまんせんね、かわいかったです。すごく。

そうそう、今日生協にこの前頼んでおいた教科書ストライヤーを取りに行ったんですけど、なんと先鋒のミスで違うものが届けられていたそうです。
だから月曜まで延期になってしまいました。
そんなことってあるんですね。

PS
今日ミニグランドで歩いている新入生を呼び止めて口説いていて思ったことがあるんです。
今日はもう入学式じゃないんで、新入生も私服なんですよね。
だから上級生と見た目は同じで区別なんてできないはずなんですけど、歩いている人を見て新入生かどうかの区別はできちゃうんです。
間違えて2、3年生に話かけちゃうことは絶対ありません。
なんで区別ができちゃうんでしょうかね??
不思議です。

コメントを残す