社長出勤

前回の日記(既に削除済み)でメッセ友達を募集しましたが、わずか数時間のうちに4名の方が登録してくれました。
マイぷれすでブログを書いている人が多かったですね。

メッセの募集をしたのが日曜日だったわけですけど、月曜日は思ったより早く実験が終わり朝の5時には家に帰ることができました。
それから昼の2時くらいに学校に行って、解析とかしていました。

今日は特にすることもなかったというのもありますけど、前の日の癖か起きるのが遅くて昼の2時くらいに学校に着きました。
かばんを持って研究室までとぼとぼ歩いていると、途中いろんな人と出会いましたけど、みんな「あ、今日はもう帰るの?」と聞いてくるのです。

「いや、今からだよ」
と言うと

「え~、いいな~。」
と必ず言われます。

いいなーとか言ってるけど、お前らは決まって5時には帰って徹夜で実験なんて絶対ないんだろーとか思っちゃうんですけどね。
まあそこは社交辞令的に笑顔で切り抜けます。
朝早くから来てないのは怠慢以外の何者でもない事実ですしね。

そんな風にまったりと学校に来たわけですけど、今日はほんとに実験もないし解析もしなくていいし、先生もいないからゼミもないしで暇でした。
ということで、研究室のメンバーが備え付けている漫画「彼氏と彼女の事情」を8巻まで読んで帰りました(笑)
ほんとに漫画を読んだだけで、帰りました。

最近少女漫画とか読んでみて思ったのは、おもしろい漫画にジャンルは関係ないんだなということです。
アクション系(ナルト、ブリーチ)、成り上がり系(エンブレム、女帝)、サスペンス系(デスノート、モンスター)、少女漫画系(NANA,彼氏と彼女の事情)、その他(ジャガー)みたいな感じでジャンルに関係なくおもしろい漫画はおもしろいものです。

漫画繋がりの話をしますと、最近のジャンプで際立ったおもしろさを示しているのが「テニスの王子様」です。
ジャンルとしてはスポーツ系なのかもしれませんけど、最近すごくギャグ漫画と化してきています。
例えば今週号の手塚部長の相手のキャプテンのセリフ「そんなチンケなオーラで何を見せてくれるのかな?」とかすごいですよ。

スポーツ漫画なのにオーラの存在を一切否定しませんから。
あの忍者という世界の超ファンタジーアクション漫画の「ナルト」でさえ「チャクラが具現化するなんてありえない!!」と言われているのに、「チンケなオーラ」とオーラの具現化をさも当然のように扱っています。
その後の手塚部長が意味のない瞬間移動をしたりと、最近のテニス漫画はすごいです。

ちょっと前まで最強だったのは菊丸です。
完全に影分身をマスターしていましたから。
最初は素早い動きが残像に見えるとか苦しい言い訳をしていましたが、最後の方ではサーブを打ちながらネットの前で構えるという全く違うモーションを可能とし、1人でダブルスやってましたからね。
相手が勝てる要素がありません。

おっと、ついつい熱くなってしまいました。
でも最近テニスの王子様を読んでいて思わず吹き出すことが多いです。

明日は先輩のために、エンブレムを5冊くらい持って行こうと思います。
ヤクザ物語だけどおもしろいんですよねー。

コメントを残す