結婚しました。

結婚しました、親戚のお姉さまが。お姉さまは34歳ですが、同年代の友人と比べても非常に綺麗でした。元々美人でしたが、とても34歳には見えませんでした。

新郎は24才でぼくと同年です。大分U高校でQ大学出身ということでぼくとゆかりのある経歴ですが、知り合いではありませんでした。共通の友達は多いかもしれません。サッカーをしていたらしく、それっぽい池面でした。

新郎新婦が知り合ったのが去年の2月で大分市役所の採用面接で同じグループだったことがきっかけらしく、その3ヵ月後に付き合いだしてそれからわずか6ヵ月後ですが、できちゃった結婚ということで本日の結婚ということになったようです。結婚はタイミングと勢いとは言いますが、新婦の父親、すなわちぼくの叔父はしばらく口をきかなかったらしいです。気さくな人ですけど、某会社の役員も務めていて厳格で威厳のある叔父さんですしね。

結婚式は晴天で12月とは思えない暖かい結婚式日和でゆったりとして素敵な結婚式でした。結婚式とか見てると自分が結婚することをどうしても考えてしまいますが、親戚とか呼ぶことを考えるとめんどくさいですよね。親戚どうしのしがらみというか親族の関係とか考えたくないです。キリスト教でもないのにアーメンなんて言っちゃってそんなのはガラじゃないです。

20代のうちに結婚しようかなとは思いますが、今付き合っている人となのか、はたまたまだ出会っていない人なのか、人の運命は分からないもんだと思います。最近、結婚相手とは適齢期に付き合ってる人か、既成事実が生むものかとか思ったりします。結婚したら簡単には別れられませんからね、いろいろ考えちゃいますね。

結婚ってなんなんでしょう。
とりあえず今日の結婚式が学会の後でよかったです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。