線香花火

花火しました!!
近くの学校のグランドで!

メインは線香花火(笑)
かなりの本数が100円の束に入ってました。
線香花火の名前の由来知っていますか?
縦に立てたら仏壇の線香に見えるかららしいっす。
そのままですね。

今売られてる線香花火はみんな中国製らしいです。
日本製は絶滅したんだって、ニュースでやってました。
日本製は線香花火が玉になってからのチリチリって光り方が
三パターン変わって綺麗なんだって。

おれが昨日したのはきっと中国製でしょう!
最初は一本ずつつけてたんだけどあまりに寂しかったんで
二本ずつ、三本ずつと増やしていきました。
やっぱ増えたほうが火薬も増えて迫力倍増です!

それにも飽きて今度は10本以上まとめて火をつけてみました。
最初は一本目に火がついてさらにライターであぶって
いると火が次々に引火して10本以上の線香花火が一気に燃え始めました。

すると、一瞬です。
ほんとに一瞬。

線香花火の束が一つの火の玉になったんよ!

「ぼわっ」

という感じで火が持っている手まで伸びてきました。

「あちっ」

と思わず束を投げ出すと花火大会とかでの
打ち上げ花火みたいな球状になってました(ー□ー;)!!

「パラパラあー」

と綺麗に散ってました。

一瞬の出来事に呆然としてましたけど手がすごく火薬くさくなってました。

それからばかなボクはもう一回10本以上まとめて火をつけました。

そしたらまた火が手まで上がってきました。
で、思わず投げてしまうので綺麗な球を描いてました。

線香花火も使い方工夫したら意外に危険だなってしみじみと
感じた夏の日の思い出でした・・・。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。