織姫と彦星

【引用始まり】 —
たまには道を大きく踏み外さないと自分や周りを客観視することは出来ないんだよ。ちょっと寂しいけど、人はそうやって大人になっていくんだって。凌子さんが言ってた。
【引用終わり】 —

というわけで(?)NANAの13巻から15巻まで読みました。in漫画喫茶。
人生初めての漫画喫茶ですが、すごいですね。
たったの1000円で一晩中飲み放題、読み放題、やり放題ですよ。
ちょっとはまっちゃいそうです。

もちろんセキュリティーには不安が残るので、メッセやログイン等のパスワードは予めランダムにメモ帳に打ち込んだ文字を一文字づつコピペして、履歴、キャッシュ、クッキーは削除しておきました。
参考:インターネットカフェからmixiをするときの注意点(mixipod)

そんなNANA14、15巻ですが、巷ではすごいことになったとか言われていたのでドキドキしながら読んでたんですけど、割と普通でした。
どうやらナナは死なないで、姿を晦ましたとかそういうレベルで落ち着きそうですね。タクミも死んでないようですし。

昨日は七夕でしたけど、会いたいけど会えない彦星と織姫、会えるけど会わないシンちゃんとレイラ、どっちが不幸なのでしょうか。
今日はそもそもなぜ漫画喫茶にいるのかと言えば、友達と一日遅れの織姫と彦星ごっこをしていたら、終電がなくなった(わざとだよ?)ので仕方なく泊まっているわけです。8年前は少年少女だったぼくらも、男と女になったのだということを実感せざるを得ない、刺激的で楽しい夜でした。
また来年も逢えますように☆

4 件のコメント

  • コメントを残す