考えること。それは生きること。

人間はみんな誰でも、人のこんなところが嫌いだというところがあるだろう。
例えば優柔不断な人が嫌いだという人もいるだろう。
無責任な人が嫌いだという人もいるだろう。
けれどそれは突き詰めれば実は自分がそんな人なんじゃないだろうか。

ボクは言い訳がましいことを言う人が嫌いだ。
しかし決してその人が嫌いなわけではない。
言い訳がましいことを聞くのが嫌いなのだ。

そしてよく考えるとぼく自身、人生の中でいいわけばかりしている気がする。そんな自分が嫌いだ。

ぼくは見下した態度をとる人が嫌いだ。
きっとぼくは誰かを見下しているんだろう。

つまり自分のことを棚にあげて人の悪いところを指摘する人が嫌いだ。
そんなボクが嫌いだ。

そしてその日はきっと今日のようにやってくるのだろう。
そしてきっとぼくはそのことに気づきもしないでいるんだろう。
いつか見た未来はきっとやってこないんだろう。
きっとそれは後からみれば取るに足りないことなんだろう。
泣いているのはぼくだ。
悪いのはぼくだ。

ぼくはその日を知らない。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。