著作権法は廃止すべき

ぼくは著作権法がコンテンツビジネスとインターネットビジネスの発展を阻害しているので著作権法は廃止すべきだと思っています。廃止というのは大胆すぎるかもしれませんが、少なくとも通信関連に関してはフリーにすべきだという持論です。

ブロードバンド化が進み、Web2.0じゃないですけどユーザー参加型コンテンツがこれから充実していこうとしているのに著作権法は明らかにそれらの足枷となっています。著作権法を廃止し、自由にアップロードもダウンロードも認めます。そして、JASRACなどの著作権法を食い物にしている利権団体を排除し、従来のコンテンツを生み出してきたテレビ局などのメディア企業はYouTubeなど新ビジネスを敵対視するのではなく飲み込もうと努力するべきです。

例えばテレビ局は通常コンテンツをTVで流しますが、それと同じコンテンツを同時刻からネットで自由にダウンロード可にすればどうでしょう。TVでの視聴率が落ちるでしょうけど、動画自体にTVと同じようにCMを入れてダウンロードするサイトにも広告を入れればスポンサーにとってみれば効果は同じくらいではないでしょうか。動画で配信すると編集でCMカットされるかもしれないと思うかもしれませんが、それはDVDで録画しても同じ話です。そこで著作権がどうのこうのなんてケチ臭いことは言わずに二次配布でもなんでも自由にすればいいのです。テレビ局はせっかく番組という強力な優良コンテンツを持っているのに、禁止禁止と自らビジネスモデルを狭めるばかりで本気を出していません。どっちにしても現在野放しの状態なら過去に放送した全ての番組、すべらない話シリーズだとかガイアの夜明けシリーズだとか自社で持ってるコンテンツもいっそのこと全て自分のところで無料開放してしまえばいいのです。二次配布もされるでしょうけど、大元として流すことにはものすごい集客力があるはずです。あまり人が集まるとネットに強くない旧メディア企業はサーバー準備の問題とかあるかもしれませんけど、全てを自社で賄うのではなくネット系企業とそこは協力すればよいのです。例えばヤフーはそういう新ビジネスのためにインフラ提供として協力すると宣言しています。

もう従来の著作権法なんて古いんです。
その範疇の中で努力しようとしても必ず無理があります。
ここは思い切って著作権法を廃止して新しい枠組みとビジネスを創り出すことが、どの業界にもユーザーにとっても良いことに繋がるのではないでしょうか。

関連:作り手を“やる気”にさせる著作権とは

1 個のコメント

  • [現在の著作権法を一旦廃止すべき]
    現在の著作権法(以下現著作)は時代遅れです。もはや、現著作は何の意味も無い
    です。それで、一旦現著作を廃止し、表現の自由を壊さない程度の
    著作権法を作るべきです。
    内容は「日本国籍の人は自由に著作物を使用できるが、外国籍の人は、
    著作物使用許可書に登録しなければならない。」
    という感じの方が今よりずっといいと思います。なので同意します。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。 人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。