親知らず抜歯

ついに今日行ってきました。
学校に行く前に行ってきました歯医者さん。
行こうと思ってから早2ヶ月近くがたってました。

まずは診察から始まったんですけど、「おーこりゃー立派な親知らずだー!」と妙にパワフルな歯科医でした。
「でもボロボロだなー。」と言いながら鉄の棒のやつでカチカチ力強くやられていたんですけど、そこで「ボロ」っと欠けてしまいました。

まあちょっといじくられて欠けてしまうくらいぼろぼるになっていたということなんですけど、あららって感じですよね。
「抜いたほうがいいなら、抜こうと思ってるんですけどー」と最初に言っただけなんですけど、ガーゼをつめたと思ったらいつのまにか麻酔注射をしていました。
麻酔が効くまで5分くらい放置してから、抜きにかかりました。

最初ぐりぐりやってるなーと思ってたら「痛かったら言ってね」と言い、麻酔で感じないものの、ものすごいパワーがあごにかかっているのを感じました。

「ミシミシ・・・メリメリ・・・」

という恐ろしい音が続いた後

「ぽろっ」

と歯が抜けたのが分かりました。
永久歯を抜いたのは初めてでしたけど、メリメリ言うんですね・・・。
全く痛くなかったですけど、音が痛そうでした。

無事抜けたんですけど、逆の親知らずもいずれ同じ運命をたどるから今のうちに抜いておいたほうがいいよといわれました。
あと前歯の間が虫歯になってるから治療したほうがいいとも言われました。
前歯が虫歯と言われるとちょっと凹みますね。
前歯は大事です。

抜いた歯はゆっくり観察したかったので、もらってかえりました。
だっていつも舌でしか確かめられなかった奥歯の姿が見れるってなんか楽しくないですか?
途中でかけてしまったので、いつもの状態とは言えないのが残念ですけど。
虫歯が神経にまで達していて穴が開いている状態だったみたいです。
歯もすごいし、虫歯もすごいなーと思った今日でした。

コメントを残す