賢い男は道に迷わないものだ。

サヨナライツカってそういう意味かー。
自由で艶めかしく儚い中山美穂より、しとやかで強く聡明な石田ゆり子の方がどちらかと言えばタイプでした。

25年間という月日の流れを表現するのに、正直映画では難しく、失敗していたのではと思いましたが、原作はきっと面白いんだろうなとも思いました。だから、絶対に原作を読むことを決めているゴールデンスランバーはまだ映画では観たくないんですよね。ハードカバーだから読むのを控えてるだけで、中途半端にストーリーを知ってしまうのが残念でなりません。

しかし、西島秀俊はいいですね。
あの乾いた怒鳴り声。
俳優の中で一番好きです。

【引用始まり】 — いつも人はサヨナラを用意して生きなければならない

孤独はもっとも裏切ることのない友人の一人だと思うほうがよい

愛に怯える前に、傘を買っておく必要がある

どんなに愛されても幸福を信じてはならない

どんなに愛しても決して愛しすぎてはならない

愛なんか季節のようなもの

ただ巡って人生を彩りあきさせないだけのもの

愛なんて口にした瞬間、消えてしまう氷のカケラ

サヨナライツカ永遠の幸福なんてないように

永遠の不幸もない

いつかサヨナラがやってきて、いっかコンニチワがやってくる

人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと

愛したことを思い出すヒトとにわかれる

私はきっと愛したことを思い出す【引用終わり】 —

というわけで、彼女と別れました。

コメントを残す