転職での応募経路別の採用合格率

転職活動では一般的に応募方法として

・企業HPから応募
・求人サイトから応募

の2つがあります。
ぼくもどちらからも応募したことがありますが、最終的に内定をもらった会社は企業HPからの応募でした。転職活動をしている中で、まことしやかに囁かれている噂として、「企業は同じレベルの応募者がいたら絶対企業HPからの応募者を採用する」という話がありました。その話に関して元人事担当者のブログに面白く書いていたので紹介します。

応募経路別の採用合格率/元人事担当者がつづる面接裏マニュアル
年収×1.3倍の価値/元人事担当者がつづる面接裏マニュアル

新卒採用の時は応募経路なんて意識することはなかったですが、転職の場合は、エージェントを通した場合、採用すると応募者の年収の約30%がエージェントに支払われるのですね。だから、エージェントを通していない場合の方が採用されやすい、そういった話はよく聞きましたが、でもたかだか数百万円を企業が惜しむかなーとは思っていました。

でもこの話を読んで、有利不利も確かにあるかもなと思いました。

HPから応募するといいことが/元人事担当者がつづる面接裏マニュアル

転職サイトに掲載すると、応募者が殺到するということです。ぼくが聞いた話ではあるイケイケな企業は、急激な成長を遂げていて採用にも積極的で転職サイトにもガンガン載せていますが、だいたい一ヶ月で1000人が応募してくるそうです。一ヶ月に1000人なんて面接してたら当然、面接官が死んじゃいますし書類選考でがっつり落とすしかありません。というか書類選考でほとんど落とすらしいです。

仮に採用人数が青天井だとしても、転職サイトに掲載している時点でたくさんのライバルが存在することになるわけです。しかも、世の中そんなイケイケな会社ばかりではなく、ぼくが応募した大企業でも聞いた話だと1回の募集で何百人か応募がくるけど、そのなかで採用するのは1番よかった人、1人だけってパターンが多いそうです。

で、今回ぼくが内定をもらった会社は転職サイト上では募集をしていませんでした。でも、あの会社ってそーいえば募集してるのかなとふと企業HPに行ってみて、「若干名募集」という内容が掲載されていたので、応募してみたのでした。特に応募に締切りもなく、いい人がいれば随時採用するという方式です。この場合、応募者の中で相対評価というよりは、絶対評価なので自分が面接でパフォーマンスを発揮できれば落ちることはなく、周りに左右されなくフェアだと言えます。しかもライバルもそんなには多くないでしょうから、けっこーラッキーだとも言えます。

最後の最後の年収交渉とかはやっぱりエージェントが絡んでた方が、し易いよなーとかは思いましたが、これから転職活動する人にはどっちからも募集してたら企業HPから応募するのもいいかもよとお勧めしておきます。

ただ、エージェントの人に会っておくのもいい経験になったと思いましたけどね。エージェントのいいところは、最近の転職市場動向とか、その会社の特徴とか、面接の雰囲気とかいろいろ教えてくれたりするので利用するという意味では勉強になりはしました。

エージェントにも会いつつ、本当に行きたい会社が見つかったら企業HPから応募しちゃうのも手じゃないでしょうか。エージェントの人にとっては面白くないでしょうが・・・。

ぼくは、今回の転職活動で何社受けたのかなーと数えてみたら14社でした。多い気もしますが、平均的に内定もらって入社するまでに受ける数って30社くらいらしいので、むしろ少ない方なのかもしれません。

転職時の平均応募社数、IT業界は最多の29.5社/自分戦略研究所

今回良かったなーと思うのは内定をもらった会社(以降S社)が、その受けた14社の中で一番行きたかった会社だったんですよね。給料だったり、知名度だったり、仕事の内容だったり、企業理念だったり、いろいろな入社希望動機というのがあるわけですが、総合的に考えて一番良いと思える会社に内定をもらえたというところがすごく良かったです。

逆に考えると、それまでの13社から内定をもらえなくて本当に良かったと思います。13社の中で入社したいと思った会社は実は2社くらいしかなかったりするんですが、たぶんその2社から内定をもらったら入社していたと思います。だから、あの時落ちてよかった、と都合いいですが今はそう思います。こういうのは縁と言いますが、運命的なものを感じています。

S社の企業HPをたまたま最初に見つけていたら、受けていたんだと思いますが、たぶん落ちていた気がします。他の会社に応募する中で、例えば職務経歴書もブラッシュアップでき、面接を受ける中で自分の考えも整理されていき、最高の状態で最終的にS社を受けることができました。

結婚と一緒ですよね。
必ずしも最初に付き合った人と結婚を決めるのが最善とは限りませんし、最終的に結婚した相手と出会ったタイミングが早すぎたら結婚できなかったってこともあるでしょう。
いろんな経験を積んできたからこそ、乗り越えられる障壁や、感じられる幸せがあるに違いありません。

まあ、そんなことを思ったわけです。
ちなみに今回、14社全ての会社で書類選考は通過しました。
通過率100%の理由は、自分の経歴と方向性が合っている会社を選んでいるという大前提以外では、

1.現職のブランド力
2.現職での実績
3.書き方

の3つだと思っています。

1はある会社の人事が言ってたそうなんですが、現職の会社出身の人はとりあえず話だけでも聞いてみようかなって思ってしまうそうです。新卒で入る会社ってそう意味でも大事だなと思いました。例えば、転職市場では「元リクルート社員」の肩書きは絶大な威力を発揮するらしいですよ。「元リクルート社員」が欲しいって名指しする会社の社長もいたりするそうです。会社名がある程度、人材のレベルを保証する(と思っている人が多い)ということなんでしょうね。

2は、人それぞれだと思いますが、1の影響もあり仕事内容の規模と、あと同じ会社の他の人にはない特別な実績もいくつか残していたので、面接では突っ込みたくだろうなというポイント、自分にとってのウリがありました。これの効果も大きかったと思っています。

3は1と2を如何に魅力的に表現するかということで、資料作成能力にはそこそこ自信があるので、決して嘘はつかない範囲で食い付きポイントを美味しそうに表現し、嫌味なく、この内容で落とす人はいないでしょと思えるレベルまで引き上げました。

まあ、書類はあくまで足切りなので、通過して当たり前というか、落ちるようだったら表現が悪いかもしれないので、やっぱりブラッシュアップしないといけなくて、そういうサービスもエージェントはやってたりするので頼るといいかもしれません。

エージェントによっては模擬面接なんてのもしてくれるそうです。ぼくは口下手な方なので、実戦で面接の練習を積んだなーという感じです。面接とかやっぱり、新卒の時以来なので緊張しましたよ。まあ、何事も場数をこなすというのは大事なので、またいろいろ自分の成長に繋がりよかったです。

ってことでまとめると

・行きたい会社はHPから申し込め
・でもエージェントも利用できる
・あとは慣れだ!

以上です。

コメントを残す