運動量と汗

今日ふと疑問に思ったので調べてみました。
運動すると汗をかきますよね。
いっぱい汗をかいたらやせたのかなーとか思いますけど、同じ運動をしても夏の方が暑いんで冬より汗をかきやすいですよね。
ということは、冬より夏の方が体の脂肪が燃焼されやすくてやせやすいのか?とか思ったんですけどそんなことは全然関係ないようです。

汗をかくのは上がった体温を下げるために水分が出ているだけであって体脂肪が燃えることには全く無関係らしいです。
それどころか体温が上がりすぎると脂肪が燃焼しづらくなるそうなので、汗をたくさんかいている状態というのは脂肪が燃焼しづらい状態ということにすらなりそうです。

夏でも冬でも汗の量は関係なく痩せようと思ったら、ちょっときついくらいの有酸素運動をできるだけ長くやることが肝心なようです。
ちなみに60分間ジョギングをすると約600キロカロリーが消費されるそうです。
1キロ痩せるためには約7000キロカロリー消費すればいいらしいので、痩せるというのはなかなか大変みたいですね。
運動だけではなく食事にも気を使ったほうがダイエットには近道なようです。
いくら運動しても食べ過ぎたら意味がないんですね。

でもなんだかんだ言っても、運動したらたくさん汗をかいたほうが気持ちがいいよなあとか思いました。

追記
ネットでいろんな記事を読んだのですが、やっぱネットから得ることができる情報というのは大部分うさんくさいですね。
研究室で代謝の勉強とかしてると、これは絶対嘘だろと思える記事もたくさんあります。
そうなってくると、なるほどと思った記事までなんだか信用できなくなってしまうので何を信じればいいかわかりませんね。
一年の頃に受けたような健康科学系の講義をもう一度受けてみたいとか思いました。

追記2
でもためしてガッテンはなんだか信用できそうな気がします(笑)
http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/1996q1/19960110.html
部分痩せは原理的にありえないそうです。
でも筋肉を引き締めることによって部分的に引き締まる(引き締まったように見える)ということは考えられそうですね。

コメントを残す