過密スケジュール2

既に来月のスケジュールがえらいことになってしまっています。
Kビールから今日、合格の通知をいただきましてそれを加えるとほんと大変です。しかもたぶん来月になれば新たな予定も増えるはず・・・。

まずはバイトがあります。
これは多少融通が利くし、お金も要るのでいいのですが12月30日、1月3,4,5,6と連続です。この辺りはエントリーと筆記対策を同時にしたいのでその辺がつらいところです。

まあそこは良しとして
9日・・・福岡でK製薬の筆記試験
10日・・・熊本で別のK製薬の筆記試験
11日・・・東京で朝9時からKビール研究部門一次面接

ここ、注目は11日の朝から東京で面接ってところです。
前日に熊本にいるのにどうやって東京に行けば良いのでしょう。
熊本空港から直接を検討中です・・・。

東京から帰ってきたらバイト、そしてそのあとが

16日・・・Kビール福岡工場見学
17日・・・東京でJ○一次面接、筆記
18日・・・東京でI石油一次面接
19日・・・東京でKビール生産部門一次面接

次の日、福岡でバイトとなかなか詰まりきっています。
面接の練習は存分にできる・・・というかKビールとかかなり本命級なので、突破したくてたまりません。ただ、研究部門と生産部門、併願したらどっちも通ってしまったのでそこらへんどうなのかよくわかりません。同じ面接官でないことを祈ります。むしろここの製薬部門も出す予定なんですけどね・・・。

このスケジュールかなり忙しいんですけど、これとは別に1月は出す予定のエントリーシートが10社もあるもんで、一体どうすればいいのか分かりません。いくつか諦めるという手段も何度か使ってきましたけど、そうやって自分の可能性を削るのはなんか嫌なんですよね。せめて説明会や本社見学してから決めたいという気持ちはいつもあります。

いや、しかし1月はなかなかハードです。
ただJ○とKビールはどっちも交通費出るので、そこはおいしいなと喜んではいます。とりあえず今月中にできることやっとくしかないですね。
それにしてもやっぱり12月に書いたエントリーは通ってます。
この調子でいきたいもんです。

追記
Kビールの採用実績がありました。

(5) 研究開発 10名
  東京大学 京都大学 大阪大学 東北大学 九州大学

(6) 技術系 (製造・管理、技術開発) 30名
  早稲田大学 東京工業大学 東京大学 京都大学 慶応義塾大学 東京理科大学 大阪大学 九州工業大学 秋田大学 日本大学 東海大学 愛知工業大学 酪農学園大学 

研究開発少ない上に学歴重視がはっきり表れててつらいですね・・w
技術系はどっちかというと志望度高い上に、採用人数も多くて、ぼくの大学からも採用実績あるからこっち勝負になりそうですね。
ちなみにエントリーは採用人数の15~20倍、つまり研究開発で200、技術系で500くらいエントリー通過してるということみたいです。
エントリー数は2万超えるらしいので、難関だったようですが、ここから先も険しい道のりですね。採用実績のない大学からは採らないらしいですしね・・・w

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。