適正検査

エントリーと同時によく性格検査、適性検査というものを受けます。
これはいわゆるネット上の性格占いとかと同じ系統のものなんですけど、会社によってはこれを一次審査としているところもあるようです。
ほとんどの会社は同じようなものを使っており、結果も当然同じような結果になります。
ぼくの場合はこんな感じです。

仕事をしていく上でのあなたの特徴

【引用始まり】 — 人に対して良い印象を与え、過度の防衛心を相手に抱かせないタイプです。
他人の人格を傷つけるような言動や、人が嫌がることを無理に押し付けたりすることを嫌うと思われます。
思いやりと節度をもった態度をとり、他人の意見を尊重することができるでしょう。【引用終わり】 —

思いやりがあるかどうかはともかく、防衛心を抱かせないタイプではある気がします。

【引用始まり】 — 新しいものの見方をしようとします。
問題にぶつかったときに、柔軟に問題を捉え、いろいろな角度から発想して、解決案を案出することが得意なようです。全く新しい独自の工夫をすることが好きで、人と同じような定型的なやり方や考え方を好まないでしょう。【引用終わり】 —

エントリーシート一つとってみても、人と同じような内容にはしたくなくて奇抜なエピソードや表現を使ったりしがちです。人とは違う独創性を出したいという思いはあるようです。

【引用始まり】 — 計画を立てたり、タイムテーブルを作ることが苦手なようです。
細かい作業が好きではないので、計画を作っても抜けの出る場合があるかもしれません。その反面、予定が変わっても、その場その場で対処できる柔軟さをもっている可能性があります。【引用終わり】 —

これは典型的O型というか、すごく適当気質があって熱中したりすると気持ちの切り替えが苦手という短所にもつながりますね。あとよく言われる長所として「計画が狂っても絶対に慌てないのはすごい」というのがあります。寝坊や渋滞、その他のアクシデントで予定通りに行かない場合でも「焦っても状況が変わるもんでもないし」という思考で平然とした姿をある意味すごいといわれるのは、臨機応変とも言えるかもしれません。

【引用始まり】 — 目標を高くおき、それに向かって努力したり、他人と勝負して勝ちたいという意欲が高すぎず、自分のペースでやり遂げようとするタイプです。
落ち着いていて行動がゆっくりしており、意思決定も比較的慎重な方だと思われます。【引用終わり】 —

これはぼくの一般的な雰囲気や性格というか、ゆったり、おっとり、のらりくらり、というイメージなようです。意思決定が慎重というのは要するに優柔不断なんですよね。

という感じで性格診断されるわけです。
当たっているというか、占いではないので選んだ選択肢がそのまま影響してるわけで、性格を客観的に表したものというわけです。
これで落ちる場合は、選択肢の間で完全な矛盾が生じた場合・・・つまり前の質問では休日はよく外出するという答えを選んだのに、後の質問で休日はほとんど家で過ごすを選んだりすると、自分をよく見せようとどこかで嘘をついていると判断されたりするようです。正直が一番ですね。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。