部屋探し継続中

先週の物件(以降A物件とします。)でほぼ決めて、既に審査も通過したわけですが、まだ本契約はしていないし他の不動産屋さんが紹介する物件の中にもっと良いものがあるかもしれないと思って今週も探していました。

A物件は家賃交渉も継続中ですが大手管理会社が管理しているので、下がったらラッキーくらいだと思って欲しいと言われているので、下がらなかった場合は仲介手数料を何とかしてくれますか?と嫌な客ですけど駆け引きをしています。仲介手数料は不動産屋にしてみれば唯一の収入源ですから、削りたくない部分でしょうがこちらからしてみれば少しでも良い条件を引き出したいので言うべきことは全て言っています。だって家賃交渉してますって言われたって目の前でされているわけでなければ、精一杯頑張りましたって言われても本当に交渉したのかどうかも分かりませんからね。家賃下がらなかったらお宅の取り分減らしてくださいという取引は契約書にサインする直前のこの段階ではある程度有効な手段なんじゃないでしょうか。もちろん印象は悪くなるので何事も引き際が大事ですが・・・。

今週、行った不動産屋さんにはまずA物件のネット上に載っているURLを予め送っておいたので、そこより良い条件のものを紹介してくれと頼んでいました。そこの営業さん曰く、「正直、A物件は(8万5千円でも)かなり安いです。この条件に勝る物件はほとんどないです。」と言っていました。前の不動産屋さんが調子のいいこと言ってたわけでもなかったようです。

それでも今週の不動産屋さんを選んだのには、ネット上でA物件と張ることができそうなB物件を見つけたからです。よく、ネット上にはおとり物件ばかりで、実際に行ってみたらない場合が多いとか言いますけど、そうでもないですね。普通にあることが多いです。それはたぶんこの時期ってこともあるんでしょうね。6月7月はジューンブライドの影響で1年で3月4月の次に物件が豊富にあるので、この時期に探すのは正解だと言われました。探している人は少ないですしね。

そんなわけで今日は一応、3件実際に見たのですがやはりネットで確認していたB物件が一番よかったです。築3年徒歩1分26㎡設備充実な感じの物件です。家賃も8万3千円と2千円安く、新しい分こちらの方がお得感があります。

ただ、若干気になったのが駅1分の方向が繁華街の方角で1階と2階が朝5時まで営業している居酒屋なんですよね。さらに四方八方、居酒屋に囲まれていて、これまで騒音の苦情を受けたことは1度もないと言っていましたけど、居酒屋はともかく道に酔っ払いが多いでしょうから夜中にうるさくないわけがないなと思いました。

A物件の懸念点は線路沿いなので、こちらもまた騒音が心配なのですが、B物件も違った意味での騒音が不安な感じです。部屋自体はすごくいいんですけどね、A物件は窓が2重になってるだとか対策がありましたがB物件にはそこら辺の配慮はないようでした。A物件は分譲マンションで住んでるのがファミリーが多いのに比べ、B物件は1Kのみで1階の入り口にタバコのマナーについて警告されている張り紙が貼ってあったり、住民の柄が悪そうな印象です。

結局、トータルで考えると同じくらいだなーと思って、契約が進んでる分、今からBに乗り換えようと強く思わせる程の何かがなかったので、とりあえず少し考えると言って帰ってきました。

引っ越す日は7月19日だと決めていて、既に退去通知も出しているのでもうこの辺りで決定かなーと思います。どこの不動産屋さんに行っても出てくる物件ってだいたい同じだったりするし、たぶんA物件を上回る条件の物件は同じ地域内では当分出てこないんだろうなというのが分かってきました。

後は、不動産屋さんから1000円でも2000円でも家賃が下がったという連絡か、仲介手数料を多少でもまけてくれるという連絡があれば引越し準備に取り掛かろうと思います。ちなみに今日の不動産屋さんにも交渉可能かどうか感触を確かめたのですが、譲歩してくれそうな感じではなかったので止めた理由の1つでもあります。誰に相談するのかってのも大事ですよね、結局は店長クラスが判断することですから。

あと一ヶ月弱ありますが、基本的に土日しか時間とれないので引越しの手配や荷造り、様々な手続きのスケジュールなんてのもぼちぼち考えないといけません。こういう時に銀行や区役所が平日しか開いていないことが恨めしいですね。どこかしらで1回は休みを取らないといけなさそうです。

引越しは大変ですけど、部屋探し自体は楽しいです。
引越し経験4回目で少し慣れてきたので、誰かの付き添いとかでも今度は部屋探しやりたいですねー。

コメントを残す