部屋決定

東京での一人暮らしの部屋が決まりました。
結局、前回でいうBの他に見た物件の中から決めました。

最後まで二つで迷い

1.光が丘徒歩6分、家賃69000円、共益費1000円、敷金礼金一ヶ月ずつ、鉄筋マンション築15年、3階建ての3階、6畳1K、屋根裏っぽい変わったロフト4.5畳付き、ユニットバス、日当たり良、洗濯機置き場はベランダ

2.豊島園徒歩2分、家賃68000円、共益費2000円、敷金礼金1ヶ月ずつ、木造アパート築5年、3階建ての1階、9畳1R、風呂トイレ別、洗濯機置き場あり、日当たり悪、ベランダなし

という二つです。
部屋としては2の方がランクが上だし気に入っていたし、駅からの距離はお金以外では最重要項目だったため徒歩2分は非常に魅力的でした。豊島園付近はコンビニと映画館くらいしかないけど、無理すれば練馬駅からも歩ける距離だし、いいかなーと。

1の場合は部屋はたいしたことないんですけど、光が丘の緑あふれる環境が好きだし、代々木公園に住みたいと思っていたくらいのぼくにとって駅の近くにある巨大な光が丘公園の存在が大きかったです。街自体も計画的に作られていて駅前に9時に閉まってしまうけど大きなショッピングモール、役所、銀行、病院、警察署、郵便局と生活に必要なあらゆる設備が揃っていて、しかも豊島園から二駅だけど始発なので朝座れる確率が大きいというメリットがあります。

部屋としては2で、環境で1なんで光が丘で2クラスの部屋を今度探せばいんじゃねって話はありますけど、例によって条件面で劣る1について「これ礼金とかもう少しどうにかならないっすかねー?」と交渉してみたところ「がんばってみます」ということで礼金が値下がりしたら1にすることにしました。

んで、その結果として1の礼金1ヶ月が0.5ヶ月に減り1に決定となったわけです。さらに「これは会社には秘密なんだけど」って怪しい営業トークで通常仲介手数料1ヶ月のところを30%オフで70%にしてくれました。一旦会社に1か月分振り込んで、3割個人的に負担して返金してくれるそうです。そういうのってどうなんですかね。2万くらい自腹になるんですけど、契約を取ることはそれ以上にメリットのあることだということでしょうか。それとも会社ぐるみの作戦の一環なんでしょうか。

まあ、何はともあれ敷金礼金合わせて1.5ヶ月、手数料0.7ヶ月という初期費用を比較的抑えることができたし光が丘始発で綺麗な街だし、まあよかったんじゃないでしょうか。問題があれば2年で引っ越せばいいし、何よりもう値切っちゃったから断れないし(笑)ということでプラス要素を考えて納得しようとしています。豊島園の徒歩2分で風呂トイレ別で室内洗濯機置き場は魅力的だったけどな~。優柔不断な上に決まってからも未練たらたらでどうしようもないですが。

というわけで来年から住所的には練馬区民になることになりました。よろしくお願いします。そして光が丘を知っている人は良いポイントをぼくに教えてテンションを上げさせてくださいw田舎と言えば田舎なんですけど、勤務地六本木だし住むところくらい安らぎを求めるのもありですよね。

光が丘の魅力
例:花見だ!春到来
例2:光が丘ってどんな街?

PS
今回の部屋探しで学んだのは家賃って割と簡単に値切れるということです。新築とかは厳しいけど築10年くらいだとあっさり成功します。特に礼金が一番値切りやすいですね。今回のパターンでは礼金0.5ヶ月、仲介手数料0.3ヶ月引きということで合計家賃の0.8か月分値切ることができ、2年契約だということを考えると実質家賃2千円引きに相当します。何でも言ってみるもんですね。

2 件のコメント

  • [家探しお疲れ様でした]
    無事に決まってなによりです。

    光が丘の利点・・・
    始発に乗れるということが大きなメリットですよね。大江戸線は一般の電車に比べて狭い上に、利用者が多い。よって通勤ラッシュによるストレスはとてつもないであろうと想像できます。

    通勤ラッシュが辛くて会社を辞めるという人も少なくないようです。

    僕はもろに通勤ラッシュの順方向(&始発ではない)なのでゲンナリします。

  • [ueno上等兵さんへ]
    ありがとうございます!
    やっぱり始発ってのはいいですよね~。ぎりぎり23区内ながらも座れるメリットを存分に活かして東京生活をスタートしていきたいと思います。

    ちなみにueno上等兵さんはどの辺から通うことになるんですか?

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    1983年大分県生まれ。東京在住のWeb系エンジニア。
    ポータルサイト、ファッションECサイト、コーディネートアプリ、食品ECサイトの開発運用などを経験。
    人に役立つことや面白い記事を書けたらなと思っています。