配属面談

なんてものはうちの会社にはないようです。昨日、人事の人から電話がかかってきました。最後のアンケートで、以前した質問の返答がかえってきていないことに対して不満をぶちまけたからか、質問に答えますよー的な電話でした。てっきりアンケートの締め切りに遅れたことを怒られるのか、新入社員代表挨拶でも申し込まれるのかとビクビクしていたのですが、違ってよかったです。

ぼくは入社する際に、配属されたい部署が二つあって、配属されたくない部署も二つあるのですが、入社してからはぼくらの希望は聞かず会社の都合と人事の独断で配置は決められるそうです。大組織に所属すると、そこら辺の融通の利かなさというのが欠点ですね。希望すれば2年くらい経ってから部署間でFA宣言できるようですが、2年くらいしたら他社に行っちゃう人も多いのは皮肉なもんです。

さて、昨日は高校時代の友人と飲みに行きました。高校時代、成績は同じくらいでしたが、彼は一浪して医学部に進み現在5年生、大学ではテニスしかしていないらしく真っ黒で激痩せしてました。テニスサークルは医学部オンリーで、その中で彼女もできたらしいです。けど、医者の卵のくせにiPS細胞も知らなかったですからね。彼曰く、医学部は閉鎖的で情報に疎く、他の人はもっと常識がないらしいです。日本の医療は大丈夫なのでしょうか。

でも医者ってやっぱりモテるみたいです。とある病院の先生は、その科の看護師を制覇しただとか、腐ってるなと思いましたw医者が本当にモテるのは30過ぎてからで焦って結婚しない方が役得なのではと、ぼくは思います。けど、研修医時代が終わって医局に入ったりするとそこの教授を結婚式に呼ばないといけなくなったりいろいろ面倒なので、研修医が終わるタイミングで結婚する人が多いみたいですよ。女性のみなさん、狙うなら研修医です。ぼくの母親も昨日「女は結婚相手で人生大きく変わるから」と妹に言ってました。

医学部は6年の9月に卒業試験、2月に国家試験があるそうです。そこに合格すれば医者の資格という流れですが、順風満帆な彼にはどこかでコケてほしいよね、っていつも高校時代の友人達と話していますwクラスの中では中の下くらいの成績だった彼ですが、一浪しても成績は劇的には向上せず、当時の合格最低点+1点で合格だったらしいです。人生どう転ぶかわかんないもんですね。当時は本当に驚きました。医学部に入った友人は全部で4人いるけど、彼だけはぼくと同じO型で適当さが溢れたオーラを身に纏っているから、診られたくないな~。

その時にも話したんですけど、病院って基本的に土日も普通営業するべきではないでしょうか。代わりに平日を二日くらい休んでも全然構いません。社会人になったら平日に通院するとか、かなり難しいですよ。歯医者だってそうです。一応、広義の意味でサービス業なんですから、消費者に優しい制度になってほしいものです。

話はいろいろ飛びましたけど、同じ高校のクラスを出ても全く別の進路を進んでいく人たちばかりでおもしろいなーと思います。ぼくも含めて、これからどういう道を歩んでいくのか予想がつきません。人生っておもしろいですね。

コメントを残す