鍵切断

今日は朝方実験がだいたい終わりまして、後片付けもしてあとは吸光度を測ればいいだけという状態に8時くらいにはなっていたんです。
しかし、吸光度を測る部屋の鍵がどこを探してもありません。
前の日の夜にはちゃんと置いてあるのを確認していたのに、どこにもありません。

結局4時間程待って、ケダールさんがお昼くらいに来たので「Do you have key?」と聞いてみると「oh,yes」となんと自分のポケットの中から鍵を出しました。
その鍵は事務室から借りてて毎日返さないといけないくて、お前の私物じゃねーぞー!と若干不快に思いながらも、吸光度を測りに行きました。

それでとりあえずしなければいけない実験は全て終わったので、試験菅を洗ったりしてから帰りました。
ほんとは原チャで飛ばして帰りたいところなのですが、昨日書いたように原チャのU字ロックが壊れて開きません。
仕方なく、ノートPCの入った重いバッグを持ちながら歩いて帰りました。

途中帰り道にあるバイク屋さんに寄ってみました。
U字ロックのことを話すと車で大学に行くことになりました。
そのバイク屋の人は推定70歳のじーちゃんで、ちょっと頼りない感じです。
車の運転とか正直恐かったです。

車で大学に行ったわけですが、今年からゲートが出来て大学に入るためには通行許可書がないといけません。
通行許可書がない車はとりあえず隅に寄せて、臨時許可書みたいなのを発行しないといけないんで、そのことをじーちゃんに説明したんですが人の話を聞いていないのか、ゲートの前までまっすぐ行ってしまいました。

ぼくは車から降りて、警備員の人に説明をしたら「とりあえずUターンしてください」と言われたんですが、じーちゃんの車の後ろに2台、3台と車が並んでバックもできない状態になってしまいました。
どうしようと思っていると、なんとゲートが開きました。
警備員さんがあけてくれたようです。
セキュリティー甘いなあーとか思いながらも無事侵入成功です。

じーちゃんは最初鍵にオイルをさして試していましたが、諦めて原チャを店まで持って帰ることになりました。
鍵の掛かったバイクをトラックの後ろに乗せようとしている姿はさながら泥棒です。
途中警備員の乗った車が近づいてきてヒヤヒヤしました。

そんな風に苦労して、原チャを店まで運んでからは鍵の切断です。
「ウィーン」とチェーンソーを使って火花を散らしていました。
エンジンもガソリンもあるのに、そんなに火花散らしていいのかよってくらい盛大に散っていました。

チェーンソーでだいぶ削った後に、ハンマーで叩き斬ろうとしていたのですが予想以上にU字ロックは頑丈でだいぶ苦戦していました。
頑丈であればあるほど、盗難には心強いけど開ける方法を失った時に思わぬ敵になるなーと思いました。

なんとか鍵も切断されましたが、鍵の切断に2000円新しいU字ロックに2000円と痛い出費です。

そんなことをしていたら結局家に帰ったのが3時くらいになっていました。
30時間ぶりの帰宅です。
全然眠くないとか思っていましたけど、一旦横になるとスッと寝てしまいました。
長い一日でした。

PS:やっぱり疲れていたんだなというエピソード
その1:エレベーターに乗って8階に降りたつもりが実は5階だったことに降りてからもしばらく気が付きませんでした。
その2:バイク屋にPCの入ったバッグを忘れて帰ってしまいました。

コメントを残す